サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

THEO WANNE Durga 4 Metal

セオ・ワニのハイ・バッフル仕様MP
ドゥルガ・メタルがさらに進化

 スタジオ・ミュージシャンを中心に使用者の多いセオ・ワニから、ドゥルガ・シリーズの最新作ドゥルガ4の登場です。

 いわゆるハイ・バッフル・マウスピースなので音の芯はしっかりとソリッドに主張しますが、チェンバーは大きくダークさと空気感をまとうサウンドに仕上がっています。

 ハイ・バッフルはコントロールが難しいといったイメージがありますが、こちらのモデルはロー・バッフルと大差なく吹くことができます。

 ハイ・バッフルらしく非常に効率が良く、少ないブレスでも大きな音が得られます。本体に取り付けられたリガチャーはユニークで、付属のドライバーでネジを緩めることで位置の変更が可能です。この機能により好みの吹奏感の場所を見付けることができるでしょう。

 ハイ・バッフル仕様のメタル・マウスピースをお探しの方に、是非お試しいただきたい逸品です。


ハイ・バッフル&ラージ・チェンバー

ロング・ハイ・バッフルとトゥルー・ラージ・チェンバーを組み合わせることで、ハイ・バッフルながらダークなサウンドと、コントロールの柔軟さを実現

(撮影:田坂圭)

79,200円(アルト用)(税込)

(問)フォレストーンジャパン TEL 06-6536-8690

■SPECIFICATIONS 
●材質:メタル
●仕上げ:金メッキ
●バッフル:ロング・ハイ・バッフル
●チェンバー:トゥルー・ラージ・チェンバー
●オープニング:6,7,8,9
●付属品:リガチャー(金メッキ仕上げ)、マウスピース・キャップ、マウスピース・ポーチ、リガチャー調節用レンチ

■試奏環境 
●本体:A.セルマー・マークⅥ
●リガチャー:マウスピース付属
●リード:バンドーレン・ジャバ 2 1/2


THEO WANNE Durga 4 Metal 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2022年9月13日発売

サックス・ワールドVol.26

◎表紙&巻頭特集:日本のサックス、日本のジャズ 
 ジャズ・サックス100年の歴史/(1960〜70年代)
○レジェンド・サックス奏者インタビュー 
   中村誠一 /山口真文
○追悼 関西ジャズ・シーンの巨匠 古谷 充
○KYOTO JAZZ SEXTET 沖野修也 & 栗原 健が語る
   1960〜70年代和ジャズ・サックス名演10選!!
○国産サックスの歴史 戦後ニッカン〜ヤマハ

◎ジャズの巨匠:ペッパー・アダムス

◎サックス特別奏者対談
    勝田一樹[DIMENSION] × 安藤康平[MELRAW]

◎奏法ノウハウ企画
  小池 修 直伝 
  サックスで歌心ある演奏をするためのノウハウ

◎インスト特集
○高級ソプラノ・サックス 全16モデル試奏チェック
○マウスピース工房訪問 テッド・クラム 

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「燦燦」(NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主題歌)三浦大知(ss)/演奏:伊勢賢治
○  「ハニーサックル・ローズ」(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○ 「魅惑のワルツ」(映画『昼下がりの情事』テーマ曲)(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第7番 BWV 778」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
○「クール・ストラッティン」(as/ts)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k