サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

THEO WANNE Durga 4 Metal

セオ・ワニのハイ・バッフル仕様MP
ドゥルガ・メタルがさらに進化

 スタジオ・ミュージシャンを中心に使用者の多いセオ・ワニから、ドゥルガ・シリーズの最新作ドゥルガ4の登場です。

 いわゆるハイ・バッフル・マウスピースなので音の芯はしっかりとソリッドに主張しますが、チェンバーは大きくダークさと空気感をまとうサウンドに仕上がっています。

 ハイ・バッフルはコントロールが難しいといったイメージがありますが、こちらのモデルはロー・バッフルと大差なく吹くことができます。

 ハイ・バッフルらしく非常に効率が良く、少ないブレスでも大きな音が得られます。本体に取り付けられたリガチャーはユニークで、付属のドライバーでネジを緩めることで位置の変更が可能です。この機能により好みの吹奏感の場所を見付けることができるでしょう。

 ハイ・バッフル仕様のメタル・マウスピースをお探しの方に、是非お試しいただきたい逸品です。


ハイ・バッフル&ラージ・チェンバー

ロング・ハイ・バッフルとトゥルー・ラージ・チェンバーを組み合わせることで、ハイ・バッフルながらダークなサウンドと、コントロールの柔軟さを実現

(撮影:田坂圭)

79,200円(アルト用)(税込)

(問)フォレストーンジャパン TEL 06-6536-8690

■SPECIFICATIONS 
●材質:メタル
●仕上げ:金メッキ
●バッフル:ロング・ハイ・バッフル
●チェンバー:トゥルー・ラージ・チェンバー
●オープニング:6,7,8,9
●付属品:リガチャー(金メッキ仕上げ)、マウスピース・キャップ、マウスピース・ポーチ、リガチャー調節用レンチ

■試奏環境 
●本体:A.セルマー・マークⅥ
●リガチャー:マウスピース付属
●リード:バンドーレン・ジャバ 2 1/2


THEO WANNE Durga 4 Metal 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2022年3月14日発売

サックス・ワールドVol.24

◎表紙&巻頭特集:米澤美玖 バラード上達術
◎ジャズの巨匠:ベニー・カーター
◎超絶サックス・コンテスト2022(アルト編)開催!!
    勝田一樹、宮崎隆睦、伊勢賢治による課題曲「Burn Out」模範演奏3バージョンを付属CDに収録!
◎新連載:日本のジャズ、日本のサックス   日本初のサックス:タナベ&ニッカン

■インスト特集
◎サックス解体新書 マウスピース・パッチを徹底解剖!!
続・リガチャー最前線

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道
    インストゥルメンタル・ロックに挑戦!! 今回の講師:中村有里

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○  「カムカムエヴリバディのテーマ」金子隆博 /演奏:伊勢賢治
○「ヤードバード組曲」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「朝日のごとくさわやかに」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○「ニューヨーク・ニューヨーク」(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第5番 BWV 776(as/ts)」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k