サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Vandoren Profile

太くまろやかなサウンドで ジャンルの垣根なく使用可能

 バンドーレンからマウスピースの新ラインナップ“プロファイル”シリーズのソプラノ・サックス用を試奏しました。

 オープニングは1種類のみでセルマーS90シリーズの170と180の間ぐらい。非常に息の通りが良く太くまろやかなサウンド。ピアニシモからフォルテシモまでどんな音量レンジでも安定感があり、極繊細な表現から情熱的に発散するシーンまで柔軟に演奏することが可能です。

 音域についてもロー・レンジから最高音まで均一な吹奏感で非常にコントローラブル。演奏が楽になるので表現に集中できます。

 今回の試奏音源はポピュラー系のサウンドですが、音抜けが素晴らしくてトラックに負けない存在感が出ています。

 セルマーS80シリーズはクラシックのみならず、ジャズ・ポピュラー系でよく使われますが、このバンドーレンのプロファイルも、ジャンルの垣根なく使える製品です。


ビークの角度がよりシェイプに

ビークの角度がよりシェイプされ、最適な姿勢と快適な操作性を得やすくなったことで、より快適でフレキシブルな演奏が可能となった

(撮影:田坂圭)

17,600円(SP3/ソプラノ用)(税別)

(問)野中貿易 https://www.nonaka.com/inquiry/

■SPECIFICATIONS 
●材質:エボナイト●ティップ・オープニング:1.11mm●フェイシング:S
●付属品:なし

■試奏環境 
●本体:ヤナギサワS-99●リガチャー:セルマー旧型●リード:ダダリオ・グランド・コンサート3


Vandoren Profile 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k