サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Vandoren V16 Ebonite L Chamber

定番マウスピースV16テナーにラージ・チェンバー・モデルが登場

 ジャズ・マウスピースの定番となっているバンドーレンのV16シリーズ。そのテナー用ラバー・マウスピースにラージ・チェンバー・モデルが加わりました。

 現在ラージ・チェンバーのマウスピースは選択肢が少なく、マウスピース大手のバンドーレンがラインナップに加えてくれたことがとても嬉しい。

 試奏時は今回のモデルで初めて加わったオープニング8.5をセレクト。作りは非常に奇麗で精密に仕上げられています。

 ラージ・チェンバーらしく、太く柔らかでダークなサウンドが素晴らしく、オープニングの割にしっかりと抵抗感があり、低音からフラジオまで安定して演奏が可能。ロング・ブレスを必要とするシーンでも楽々演奏できます。

 柔らかいサウンドでジャズを吹きたい方には、一度は試していただきたい逸品。お手頃な価格も魅力です!


ロー・バッフル&ラージ・チェンバー

ロー・バッフルと新たに大きめのチェンバーを採用することで、従来のV16と比較して大きく豊かでよりダークなサウンドを実現

(撮影:田坂圭)

17,800円(テナー用)(税別)

(問)野中貿易 https://www.nonaka.com/inquiry/

■SPECIFICATIONS ●材質:エボナイト●チェンバー:ラージ・チェンバー●オープニング:T6(2.50mm/ロング・フェイシング)、T7(2.70mm/ロング・フェイシング)、T8.5(2.88mm/ロング・フェイシング)、T9(2.94mm/ミディアム・ロング・フェイシング )●付属品:なし

■試奏環境 ●本体:セルマー SA80シリーズⅡ●ネック:ヤマハF1●リガチャー:バンドーレン オプティマム●リード:ダダリオ ラ・ボーズ(ミディアム・ハード)


Vandoren V16 Ebonite L Chamber 試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2020年3月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.16

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:デイヴィッド・サンボーン
○ジャズの巨匠:ジョー・ヘンダーソン
○インタビュー:キャンディ・ダルファー

■インスト特集
○ハイ・バッフル・マウスピース大研究!!
  ・達人によるハイ・バッフル・マウスピース攻略術
      ■宮崎隆睦
   ■勝田一樹(DIMENSION)
      ※マウスピース・コレクション紹介
  ・ハイ・バッフル・マウスピース全70モデルを試奏レポート!

■誌上セミナー
○新連載:Official髭男dism/楢﨑 誠 × アンディ・ウルフ 吹奏楽出身者のためのジャズ&ポップス・サックス奏法入門
○3サックスのアンサンブルに挑戦! sax triplets × 古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ダニー・ボーイ」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○ 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」 スティング 
 演奏:伊勢賢治 
○「ミスターP.C.」ジョン・コルトレーン
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「サックス・ア・ゴー・ゴー」キャンディ・ダルファー
 演奏:sax triplets 編曲:小池修


ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP