サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

WOOD STONE AM-II SMOOTH

シッカリした音の芯がありながらダークさも併せ持ったマウスピース

 ウッドストーンのメタル・マウスピース、非常に精巧な作りで精密機械の部品を見ているような気分になります。外見はスリムでガーデラを彷彿とさせるボディ・シェイプ。内部は入り口とその先で二段階のバッフルが付いていて、その造形も非常に美しい仕上げとなっています。

 見た目からパワフル・サウンドを予想していましたが意外にも繊細でそれでいてファット・サウンド。シッカリした音の芯がありながらダークさも併せ持っていて上質なオールド・メイヤーの音量だけを大きくしたような印象。出した音がそのままマイクに入るのも嬉しい。

 ビーク(咥える部分)は若干低いので一般的なラバー・マウスピースから乗り換えると多少慣れが必要ですがあくまで一般的な範囲。アンブシュアは柔らかく、それでいて細くタイトな息を入れることでマウスピースの良い部分を引き出すことができるでしょう。ジャズ、フュージョン、ポップス系のプレイヤーにぜひお試しいただきたい逸品!

2段のステップ形状のバッフルを採用

ミディアム・バッフルとラウンド型バックボアを採用し、繊細さと太さを併せ持ったサウンドが特徴

35,000円

(問)石森管楽器  TEL 03-3360-4970
■SPECIFICATIONS ●材質:メタル(真鍮/銀メッキ)●オープニング・サイズ:♯6, ♯6☆, ♯7, ♯7☆●付属品:リガチャー、マウスピース・キャップ
■試奏環境 本体:Aセルマー・マークⅥ、リガチャー:GFシステム(付属品)、リード:ラヴォーズ・ミディアム


WOOD STONE  AM-II SMOOTH試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k