サックス好きのための専門誌Saxworld

アクセサリー

DPA Microphones CORE4099(4099-DC-1-199-S/サックス・セット)

定番の高音質クリップ式マイクがさらに進化して登場

 DPAのクリップ式コンデンサー・マイクがさらに進化して新登場。ホール、アリーナ、スタジアムなど大会場での演奏でコンタクト・マイクが用意されている場合、ほぼ間違いなくDPAなので、かなりお世話になっています。

 コンタクト・マイクとしては非常に高音質でフラットでナチュラル。新規搭載のCOREテクノロジーにより、従来モデルより明瞭度が高く、スタンド・マイクにも負けない音質です。楽器のメカニカル・ノイズを拾いにくく、実際に楽器のベルに取り付けてレコーディングしましたが、キィ・ノイズがほとんど聴こえないことには驚きました。ベルに固定する関係でほかのデモ音源に比べてマイクの位置が楽器と近く、多少ソリッドな印象に聴こえますが、それはほかのマイクでも同じ状況になります。イコライザーで調整することで好みの音色になるでしょう。

 ライブ使用に特化したモデルですが、ここまでの高性能にいつも驚いています。一押しです!


サックス用クリップが付属

ベルの縁に挟み込んで固定するクリップが付属。片手で簡単に脱着でき、安定感も十分

 

 

(撮影:田坂圭)

オープン・プライス (市場予想価格/55,000円前後)

(問)ヒビノインターサウンド TEL 03-5783-3880

■SPECIFICTIONS ●形式:コンデンサー型●指向特性:超単一指向性●周波数特性:80〜15,000Hz(±2dB)●感度:-44dB re 1V/Pa(±3dB)●最大音圧レベル:142dB(THD 1%)●出力インピーダンス:100Ω ●寸法:5.4×30mm(マイク部)●重量:約27g(マイク部)●グースネック長:140mm
■試奏環境 本体:A.セルマー・マークⅥ、マウスピース:メイヤー6MM、リガチャー:バンドーレン・オプティマム、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2 

DPA Microphones CORE4099試奏動画


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k