サックス好きのための専門誌Saxworld

アクセサリー

jazzlab saxholderPRO

首にかけない人気ストラップの
サックスホルダーがリニューアル

 首にかけないストラップとして一世を風靡したサックスホルダーが“サックスホルダー・プロ”の名を冠してリニューアル。基本システムはそのまま、細部がブラッシュアップされました。
 装着はとても簡単。様々な調節機構によりどのような体型の方でも、ソプラノからバリトンのどの楽器でも適切な演奏位置にセットすることが可能です。楽器の重さが首にかからずリュックのように両肩に乗るので、アルトだと一瞬楽器を持っていないと錯覚してしまうほど楽に構えることができます。首元が一切影響を受けないので演奏が非常に楽です。首に重量がかかることがどれだけ身体に負荷を与えていたかを実感しました。構えたときの楽器の重心が変わるので、その点は若干慣れが必要です。
 肩に掛けるハンドルを本体から脱着できるようになり携帯性が向上。テナーとバリトンは専用ポーチに入れてベルに収納可能になりました。首周辺のコリに悩んでいる方は是非お試しを。


身体へのフィット感がさらに向上

両肩、腹部の3ヵ所で楽器を支えることで首への負担を激減。プロ・モデルでは細部を改良することで身体へのフィット感、演奏性などがさらに向上

(撮影:田坂圭)

8,600円(税別)

(問)セレクトインターナショナル TEL 047-702-9086

■SPECIFICATIONS 
●素材:アルミロッド、繊維強化プラスチック、ヨット、ストラップ紐●対応楽器:サックス(ss,as,ts,bs)、バス・クラリネット、バスーン(金属製フックのバスーン用モデルもあり)●付属品:専用ポーチ、ストラップ紐(長め)

 

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2022年6月13日発売

サックス・ワールドVol.25

◎表紙&巻頭特集:T-SQUARE 
○スペシャル対談:伊東たけし & 本田雅人
○伊東たけしが語るセルマー・シュプレームの魅力

◎ジャズの巨匠:ガトー・バルビエリ

◎インタビュー
○本多俊之&東京藝大スペシャルウィンドオーケストラ
○今井晴萌×清水玲奈
○堀江有希子

◎インスト特集
○ヤナギサワ・サックスの歴史
○マウスピース工房訪問:ジョディ・ジャズ
○B.AIR エアスルー減音サポートシステム活用術

◎奏法ノウハウ企画(CD連動)
馬場智章 直伝  サックスだけでコードを感じさせるアドリブ・アプローチ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「TAKARAJIMA(バラード・アレンジ)」T-SQUARE/演奏:伊勢賢治
○「ドナ・リー」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「ソー・イン・ラヴ」(『日曜洋画劇場』エンディング・テーマ)(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○   映画「タクシー・ドライバーのテーマ」(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション第6番 BWV 777(as/ts)」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介
○「二人でお茶を(Tea for Two)」(as duo/ts duo)/演奏&編曲:石川周之介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k