サックス好きのための専門誌Saxworld

アクセサリー

Marmaduke Feather Strap dual

マーマデュークから人気のフェザー・ストラップの進化形が登場
サイド・ストラップを使用することで2タイプのハーネスとしても使用可能に

 サックス・ストラップ界では“フェザー・ストラップ”が大人気のマーマデュークから新作のストラップが登場。しかも通常の首から掛ける通常モード、ハーネス・モード、パンツのベルト通し穴に固定するサスペンダー・モードの三種類を一つの製品で実現した優れもの。
 通常モードは、立体的な形状の首パッドと幅のあるY型アジャスターによりこのままでも楽に演奏できます。続いてハーネス・モードにすると肩と背中に楽器の重さが分散し首が解放されるのが実感できます。若干楽器が身体に近い感覚になりますが慣れによってすぐに解消されるでしょう。続いてパンツのベルト通し穴にフックを装着するサスペンダー・モードにすると、これはリュックのように楽器の重さを肩で支えるので楽チンそのもの。楽器によってはパンツが上に引っ張られてハイウェストになりますが、疲労の軽減にはさらに威力を発揮するでしょう。この場合、ベルトループは引っ張られるので、繊細なものは避け、丈夫なものをお勧めします。ストラップに悩んでいる皆様、是非お試しください!

Y型アジャスタート

 

marmaduke_03

首パッドにサイド・ストラップを装着

 

marmaduke_04

ズボンのベルトループを利用

通常のストラップとして使用時はエルゴノミックな首パッドのデザインでサックスの重量を分散。オプションのサイド・ストラップを追加することでハーネス・モードとして使用可能に。さらにズボンのベルトループに装着するサスペンダー・モードとしても使用できる優れもの。アジャスターには調整のしやすいアルミ切削Y型を採用

 

P174_Nomal 

通常モード

 

P174_Harness01 P174_Sus02

ハーネス・モード

 

P174_Sus01  P174_Harness02

サスペンダー・モード

 

本体9,000円、オプションのサイド・ストラップ1組2,000円

(問)マーマデューク・ミュージック TEL 070-6970-5477

■SPECIFICATIONS ●素材:本革首パッド、アルミ切削Y型アジャスター、真鍮製フック●オプション:サイド・ストラップ●その他:真鍮製フックは回転型(タイプⅠ)、非回転型(タイプⅡ)より選択

 

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k