サックス好きのための専門誌Saxworld

アクセサリー

Audio-Technica ATM350U

マイクをフレキシブルかつ確実に固定
キィ・ノイズを抑えた高音質小型マイク

 クリップ・タイプ小型コンデンサー・マイクです。グース・ネックの付け根にあたるマウントは、大きめで安定感のある作りになっています。クリップは楽器のベルに挟んでからさらにネジでクリップを固定できる構造になっているので落下防止の強い味方。マウントとアームの接続部は様々な角度で固定することができてマイクの向きをフレキシブルに、かつ確実に固定できる構造でとても良くできています。肝心な音質について、クリップ・タイプのマイクということでダイヤフラムが小さく通常の大きさのマイクに比べたら不利な条件ですが、なかなかどうしてライブ感のある良い音で録れています。さらにキィ・ノイズが従来のモデルに比べてだいぶ抑えられています。実は私はかつてからこちらのメーカーのクリップ・タイプ・マイクを使用していて、故障は無く個人的に耐久性に関しても信頼があります。クリップ・タイプのマイクを購入する予定の方は最良の選択肢の一つになると思います。

クリップを固定できる構造を採用

楽器のベルとマイク部分がちょうど良い長さのアーム長で、さらにクリップは挟んでからさらに固定できる構造になっているので、落下防止や振動を抑える効果がある(撮影:田坂圭)

 

オープン価格(市場予想価格33,000円前後)

(問) オーディオテクニカ お客様相談窓口  TEL 0120-773-417

■SPECIFICATIONS●型式:バック・エレクトレット・コンデンサー型●指向特性:カーディオイド●周波数特性:40〜20,000Hz●ローカット:80Hz、12dB/oct●最大入力音圧レベル:159dB SPL、1kHz at 1% T.H.D●ダイナミックレンジ(typical):130dB、1kHz at Max SPL●質量:マイクロホン部:14.5g、パワーモジュール:90g●寸法:マイクロホン部/37.8mm長、径12.2mm、パワー・モジュール/92mm長、径18.9mm●出力コネクター:パワー・モジュール:3ピンXLRM型式●付属品:AT8490(グース・ネック/スタンダート)、AT8491U(ユニバーサル・マウント)、AT8543(パワー・モジュール)、AT8468(バイオリン・マウント)、ハード・ケース

AUDIO-TECHNICA ATM350UをAmazonで購入する

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2020年3月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.16

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:デイヴィッド・サンボーン
○ジャズの巨匠:ジョー・ヘンダーソン
○インタビュー:キャンディ・ダルファー

■インスト特集
○ハイ・バッフル・マウスピース大研究!!
  ・達人によるハイ・バッフル・マウスピース攻略術
      ■宮崎隆睦
   ■勝田一樹(DIMENSION)
      ※マウスピース・コレクション紹介
  ・ハイ・バッフル・マウスピース全70モデルを試奏レポート!

■誌上セミナー
○新連載:Official髭男dism/楢﨑 誠 × アンディ・ウルフ 吹奏楽出身者のためのジャズ&ポップス・サックス奏法入門
○3サックスのアンサンブルに挑戦! sax triplets × 古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ダニー・ボーイ」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○ 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」 スティング 
 演奏:伊勢賢治 
○「ミスターP.C.」ジョン・コルトレーン
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「サックス・ア・ゴー・ゴー」キャンディ・ダルファー
 演奏:sax triplets 編曲:小池修


ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP