サックス好きのための専門誌Saxworld

アルト・サックス

Wood Stone New Vintage Series WSA SP

太くダークでハスキーなビンテージ・サウンドにシルバー・プレートの重厚さと遠達性を加味

 日本が誇る老舗“石森管楽器”のオリジナル・ブランド“ウッドストーン”のアルト・サックス“ニュー・ヴィンテージ”シリーズからシルバー・プレート・モデルが新登場。こちらのシリーズは古いセルマーなどから乗り換えるミュージシャンが多く、楽器の信頼性については折り紙付きといった感覚があります。

 実際手にするとキィ・レイアウトは自然で手になじみ、キィのアクションは本当にビンテージ楽器を触っているような錯覚に陥ります。摩訶不思議。実際に演奏すると音色もビンテージをうたっているように太くダークでハスキー。それにシルバー・プレートの重厚さも加わって色気たっぷり。

 操作性はさすがに現代の楽器。テーブル・キィを使う最低音から最高音、そしてフロント・キィを介してフラジオ音域までシームレスに移行していきます。楽器の精度と絶妙な抵抗感でどのような音域でもストレス無く、非常に反応よく演奏が可能。音程も良くソルフェージュした音程がそのまま楽器から出るので、最初からナチュラルな感覚で演奏できます。

 特にシルバーの利点である遠達性が素晴らしく、マイクを使うとダークで太い音のまま録音されます。これからアルトを購入される方にはぜひお試しいただきたい逸品です。


重厚な音色が魅力のシルバー・プレート仕上げ

イエロー・ブラスの管体を銀メッキで仕上げることで、重厚かつ遠達性の高いサウンドを実現。ゴージャスな彫刻は職人による手彫り

管体の響きとレスポンスを向上させる2点支持リング

管体の響きや吹き込んだ際のレスポンスの良さを生み出す2点支持リングを採用。ベルと2番管はハンダ溶接がされている

倍音を多く含んだサウンドを生み出すネック

ビンテージ・スタイルをベースにスリムで洗練されたフォルムのオクターブ・キィを考案。倍音を多く含んだサウンドを生み出す

(撮影:田中圭)

520,000円

(問)石森管楽器 TEL 03-3360-4970

■SPECIFICATIONS●管体:管体&キィ:イエロー・ブラス●仕上げ:シルバー・プレート●High F♯キィ付き、フロントFキィ付●その他の仕様:ネック/ボディ/ベル 一枚取り●付属品:GLケース(ウッドストーン特注)、ウッドストーン:シルキー・スワブ/ボディ・スワブ/マイクロファイバー・クロス /スムースパッド
■試奏環境 マウスピース:メイヤー6MM、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2
リガチャー:バンドーレン・オプティマム

 


Wood Stone New Vintage Series WSA SP試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k