サックス好きのための専門誌Saxworld

アルト・サックス

Yanagisawa A-WO10

ヘビー・タイプながらダイレクトな反応
楽器の懐が深く素晴らしい操作性

 日本が誇るサックス専門メーカー、ヤナギサワからアルトの王道ラインナップA-WO10。このモデルはヘビー・タイプという位置づけで、キングを思わせるオクターブ・キィ形状が特徴的です。まず手に持って感じるのは仕上げの美しさ、そしてスペシャル・コンパクトなキィ配置。こんなにコンパクトなモデルはほかに知りません。キィのバネ圧パッドとトーン・ホールの当たる手応えも絶妙で、フィンガリングが速く正確に決まります。
 ヘビー・タイプという位置付けにしては反応が速くてダイレクト。とはいえメインのマークⅥに比べると多少抵抗感があり、リードを同じ番手の中の柔らかいものに変更してちょうど良い状態になりました(番手を下げるほどではありません)。
 そのかわり音はパワフルで甘く、音域によっての鳴りムラや音色のバラツキが少なく非常に扱いやすい印象でした。強弱に限らず音の立ち上がりが速く粒ぞろい。芯が太い音色はダークからブライトまで幅広い表現が可能で倍音を多く含んだ鮮やかな傾向。オクターブ・キィを押した“レ・ミ”は若干高めな音程になりますが、ほかは吹き方を変えることなく良い音程に決まります。
 楽器の懐が深く操作性・柔軟性も素晴らしいので、腕に覚えありの熟練者から初心者のファースト楽器まで、多くの方にとって最良の選択肢の一つになると思います。店頭で見掛けたら吹いてみましょう!


独自のC #-B連動テーブル・キィ

C #-B bの連動に加え、C #-B間にもシーソー機能を採用し、滑らかでスピーディな運指を実現

樹脂製インナー・オクターブ機構

オクターブ・キィ軸の両端を球形状に加工し、さらに受け部には薄い樹脂を入れることによりガタつきのないスムースな動きを実現

右手バランス・キィ共振(プレ止め)機構

低音演奏時の右手のバランス・キィの共振を防ぐことにより、ブレを止め安定した低音演奏を可能にする

(撮影:田坂圭)

378,000円

(問)プリマ楽器 TEL 03-3866-2215

■SPECIFICATIONS ●管体:ブラス製●塗装:ラッカー仕上げ●彫刻:入り●その他の仕様:High F# キー付●付属品:WO専用ハード・ケース、マウスピース(エボナイト #4)、リガチャー、キャップ、ストラップ、クロス
■試奏環境 マウスピース:バンドーレン V16 A5M、リード:トラディショナル(青箱)2 1/2、リガチャー:バンドーレン・オプティマム


Yanagisawa A-WO10
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2020年3月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.16

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:デイヴィッド・サンボーン
○ジャズの巨匠:ジョー・ヘンダーソン
○インタビュー:キャンディ・ダルファー

■インスト特集
○ハイ・バッフル・マウスピース大研究!!
  ・達人によるハイ・バッフル・マウスピース攻略術
      ■宮崎隆睦
   ■勝田一樹(DIMENSION)
      ※マウスピース・コレクション紹介
  ・ハイ・バッフル・マウスピース全70モデルを試奏レポート!

■誌上セミナー
○新連載:Official髭男dism/楢﨑 誠 × アンディ・ウルフ 吹奏楽出身者のためのジャズ&ポップス・サックス奏法入門
○3サックスのアンサンブルに挑戦! sax triplets × 古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ダニー・ボーイ」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○ 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」 スティング 
 演奏:伊勢賢治 
○「ミスターP.C.」ジョン・コルトレーン
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「サックス・ア・ゴー・ゴー」キャンディ・ダルファー
 演奏:sax triplets 編曲:小池修


ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP