サックス好きのための専門誌Saxworld

アルト・サックス

Cannonball A5-R “Black Ruby”

キャノンボール待望の新色
華やかなブラック・ルビーがお目見え

 今回のキャノンボールは一段と目を引きます。今まで見たことないでしょう、こんな色のサックス。ブラック・ルビーと呼ぶそうですが“こんなの初めてー!”という声が聞こえてきそうです。ネックはシルバーのファット・ネックと本体と同じカラーリングの2タイプが付属します。まず持った感触はビッグベルということもあってズッシリとヘビー級。キィの配置はやや大柄ながら手にスッ馴染む真心設計。今回の試奏はシルバーのネックを選択しました。

 いつも感じることですが、キャノンボールは楽器自体の重さの割に息の通りが良く、息圧を上げていってもしっかりと受け止めてくれる懐の深さを持っています。特に今回はビッグベルなので受け止める度量はかなりのものです。それでいて弱音のコントロールはクイックにできるので吹いていて楽しい楽器です。 
 音色は見た目とは裏腹にしっかりダーク。このままジャズやブルースを吹いてもしっかりハマる質感を持っています。もちろんルックスが醸し出すロックやポピュラー・ミュージックにも十二分に対応してくれるでしょう。音程はオクラーブ・キィを使わない音は低め、使う音は高めになる傾向。今回はロー・バッフルのマウスピースで試奏しましたが、ハイ・バッフルのメタル・マウスピースなどを合わせても良いと思います。お店でこの色を見かけたらぜひ吹いてみてください。


ブラック・ルビー・ラッカー仕上げ

塗装は華やかな仕上げの新色、ブラック・ブルーを採用。その美しさを引き立たせるため彫刻なしの仕様となっている

サウンドにまとまりをもたらす準宝石

キィ各部にはスパイダーマンジャスパーと呼ばれる準宝石を搭載。見た目の美しさ以外にも、音のまとまりや音程の良さに影響を与えている

2タイプのネックが付属

ネックはスタンダード・ネック(ブラック・ルビー・ラッカー仕上げ)とファット・ネック(シルバー・メッキ仕上げ)の2本が付属

CannonballA5RBlackRuby_main

(撮影:田坂圭)

500,000円

(問)黒澤楽器 TEL 03-5259-8193

■SPECIFICATIONS●管体:イエロー・ブラス●塗装:ブラック・ルビー・ラッカー仕上げ●彫刻:なし●その他の仕様:準宝石/スパイダーマンジャスパー●付属品:オリジナル・マウスピース、ハード・ケース、ストラップ、ポーチ
■試奏環境 マウスピース:バンドーレンV16 A5M、リード:バンドーレン・トラディショナル(青箱)2 1/2、セバンドーレン・オプティマム・リガチャー


Cannonball  A5-R “Black Ruby”試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2018年6月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.9

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:寺久保エレナ
○ジャズの巨匠:ソニー・スティット
○インタビュー:ケニー・ギャレット、藤野美由紀&佐橋佳幸

■インスト特集
○サックス解体新書 マウスピースの素材を知る/エボナイト工場潜入レポート
○キャノンボール・サックスのすべて
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(前編)

■スペシャル・セミナー
○マックス・イオナータ・セミナー(後編) ジャズらしく吹く方法
○勝田一樹 勝田に訊け! サックスお悩み相談室

○古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン 次世代エースへの道
 楽器店に訪問! 初心者のためのサックス購入ガイド

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「イースト・オブ・ザ・サン」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Your Eyes」 山下達郎 演奏:伊勢賢治 
○「アイ・ガット・リズム」演奏:山田拓児&西口明宏
○「がんばりましょう」  SMAP 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修