サックス好きのための専門誌Saxworld

リード

Silverstein Works ALTA SELECT REEDS

世界初のリード交換サービスを採用
品質に絶対的自信を持つリード

 ワイヤーを使った独創的なリガチャーが大人気を通り越して定番化しているシルバースタインから、新たにリードが登場。シングル・カットでカットの美しさやケーンの質の良さは見た目からも感じられます。

 そしてビックリ・ポイントの一つ目は番手の細かさ。2、2+、2.5、2.5+、3、3+、3.5、3.5+、4があり、多くのメーカーが5種刻みぐらいのところナント9種。今回CDに収録した演奏では2+を選びました(通常はヴァンドレン青箱2 1/2を使用)。

 続いてビックリ・ポイント2つ目、ナント、良くないと感じるいわゆる“ハズレ・リード”は交換対応してくれる。交換には条件がありますがそれだけ品質には自信があるのでしょう。

 実際吹いてみるとリードが全体的に振動する均質な感じが気持ち良く、アーティキュレーションも気持ち良く決まります。音色は太く柔らかくダークな方向性でジャズ/ポピュラーにはピッタリ。多くの方にお試しいただきたい逸品!


ハンド・セレクトによるプレミアム・リード

地中海沿岸の良質なケーン材をドイツの職人が高精度な技術でリードに加工したものを、さらにハンド・セレクトで厳選

(撮影:田坂圭)

8,200円(アルト用/ 10枚入)

(問)山野楽器 銀座本店 5F 管楽器フロア TEL 03-5250-1062  ウインドクルー TEL 03-3366-1106 /仙台店 TEL 022-797-1028

■SPECIFICATIONS ●材質:ケーン●カット:アンファイルド・カット●強度:2、2+、2.5、2.5+、3、3+、3.5、3.5+、4●リード交換サービス対応

■試奏環境 楽器:Aセルマー・マークⅥ、マウスピース:バンドーレンV16 A5M、リガチャー:セルマー旧二本締め、リード強度:2〜3.5+


Silverstein Works ALTA SELECT REEDS 試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k