サックス好きのための専門誌Saxworld

リード

Forestone White Bamboo

より天然素材に近づいた進化形樹脂製リード

 前から気になっていたフォレストーンの樹脂製リードの中から今回3タイプ吹かせていただきました。全体的に素晴らしいクオリティでしたがそのなかでも特に気に入ったのが新製品のホワイト・バンブー。シッカリとしたコシがあって吹きやすく、サックスに求められる音色・音量を高次元でバランスしています。
 Aセルマー・マークⅥ/バンドーレンV16 A5M/バンドーレン・オプティマム・リガチャーで試奏。第一印象は音の反応が早く弱い息でもよく鳴ります。特性としては先端が柔らかく、しばらく使って馴染んだ葦のリードのような質感。今回はオープニング5番に対して3のリードを使用しましたが、普段使用しているバンドーレンの青箱2 1/2よりもコシはやや弱い印象。オープニングの広目のマウスピースを使用するプレイヤーには向いていると思います。長らく天然リードを使用してきましたが、樹脂もここまで来たか!といった印象です。 

プレイヤーのニーズに対応した
製品ラインナップ

今回テストした3モデル。左からブラック・バンブー、ヒノキ、新製品のホワイト・バンブー

2,800円

(問)Forestone Saxophone 国内総販売元 株式会社ミナト TEL 0725-92-9700

■SPECIFICATIONS ●素材:特殊素材(竹繊維、PP材、ヒノキ)●カット:ファイルド●厚さ:2、2.5、3●対応サックス:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

■試奏環境 本体:Aセルマー・マークⅥ、マウスピース:バンドーレンV16 A5M、リガチャー:バンドーレン・オプティマム・リガチャー


Forestone White Bamboo試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k