サックス好きのための専門誌Saxworld

アルト・サックス

Yanagisawa A-WO20PGP

宝飾品のようなピンク・ゴールド・メッキ仕上げ
低音から高音まで驚くほど均一な抵抗感・音色感

 ブロンズ・ブラス製の管体にピンク・ゴールド・メッキ仕上げモデル。薄ピンクに輝くボディーは細部にわたって丁寧に仕上げられ、ネックとベルの彫刻も相まってとても美しくまるで宝飾品のよう。ヘビー・モデルにメッキが掛かっているため、持つと多少重量感があります。キィ配置は非常にコンパクトで手が小さい方でも無理なくフィットするでしょう。キィのバネ圧も絶妙で素早く正確なフィンガリングをアシストしてくれます。

 テッドクラム・ニューヨーク5マウスピース、バンドーレン青箱2-1/2、セルマー旧型二本締めリガチャーで試奏。吹いてみると持ったときに感じた重厚な印象とは裏腹に反応が良く、コンパクトなキィ配置も助けて実に小気味良い演奏性です。ピアニシモでも軽やかにアーティキュレーションが決まり、それでいてフォルテシモまで吹き込んでいくと天井知らずの鳴りっぷり。シビアなピアニシモのコントロールもブッチギリのフォルテシモも余裕でこなすニクいヤツです。音は指向性を持ってベルからまっすぐ飛んでくイメージで、低音から高音まで抵抗感・音色感が驚くほど均一です。音程は強いて言えば低音が低めで高音が高めですがほぼフラット。音色はブリリアントで力強くマイクを通しても音痩せが少ないので、ファンクやスムースジャズなどのエレクトリック楽器と一緒に演奏するときや、ビッグバンドなどの音量の大きい現場で重宝すること受け合いです。一吹の価値あり!


ブロンズ・ブラス製のヘヴィー仕様

ブロンズ・ブラス製にピンク・ゴールド・メッキを施した管体は高級感あふれる仕上がり。ヘヴィー仕様はブロンズ・ブラス素材の柔らかで太くて重量感の音色と鳴りを生み出す適度な抵抗感とまとまりをだしている

ダブル・アーム・キィの採用で耐久性向上

2本のアームで力を伝えることで、カップのねじれや歪みを防ぎ、耐久性も向上。中音域から低音の音だしがスムーズになるようにU字管を絞り、ベル側を少し太くすることで息のスピードが上がる

C#-B連動テーブルのシーソー機構採用

C#-Bbの連動に加え、ヤナギサワ独自のシステムとなるC#-B間のシーソー機構を採用することでよりスピーディーで滑らかな連動を実現

yana_awo20pgp_main

(撮影:田坂圭)

960,000円

(問)プリマ楽器 TEL 03-3866-2215

■SPECIFICATIONS ●管体:ブロンズ・ブラス●仕上げ:ピンク・ゴールド・メッキ●彫刻入●High F# キィ付(High F# キィレス特注:標準価格+¥20,000)●付属品:WOシリーズ専用ケース、マウスピース:エボナイト #4
■試奏環境 マウスピース:テッドクラム・ニューヨーク5、リード:バンドーレン青箱2-1/2、リガチャー:セルマー旧型二本締めリガチャー


Yanagisawa A-WO20PGP試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2018年6月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.9

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:寺久保エレナ
○ジャズの巨匠:ソニー・スティット
○インタビュー:ケニー・ギャレット、藤野美由紀&佐橋佳幸

■インスト特集
○サックス解体新書 マウスピースの素材を知る/エボナイト工場潜入レポート
○キャノンボール・サックスのすべて
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(前編)

■スペシャル・セミナー
○マックス・イオナータ・セミナー(後編) ジャズらしく吹く方法
○勝田一樹 勝田に訊け! サックスお悩み相談室

○古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン 次世代エースへの道
 楽器店に訪問! 初心者のためのサックス購入ガイド

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「イースト・オブ・ザ・サン」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Your Eyes」 山下達郎 演奏:伊勢賢治 
○「アイ・ガット・リズム」演奏:山田拓児&西口明宏
○「がんばりましょう」  SMAP 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修