サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

D’Addario Woodwinds Select Jazz Tenor D7M

エアーのスピード感と
ファットな音色が特徴

 アルト・サックス用では評判が良く、既に定番になりつつあるダダリオ・ウッドウインズのマウスピース、セレクト・ジャズにテナー用が登場しました。
 同社のマウスピースはマシン・メイドで人の手が入らないため、製品のバラツキが少ないといううたい文句で知られており、非常に精巧な作りが特徴です。
 テナーのラバー用マウスピースと言うとオットー・リンクをまずイメージしますが、このモデルはバッフルがあることで、オットー・リンクよりもエアーのスピード感があり、アーティキュレーションの歯切れの良さが特徴的。
 入り口は狭いですが、内部は広い容積が取られているのでファットな音色が得られます。
 咥えた感覚は上下幅が大きくなく顎関節に優しいスタイル。全音域で楽に演奏でき非常にコントローラブル。アルト用同様にテナー用マウスピースの新定番になる可能性大です。


完全機械生産の高精度マウスピース

アルト用同様ミディアム程度の高さのバッフルと、ミディアム・サイズ、ラウンド型のチェンバーを採用

(撮影:田坂圭)

23,000円(テナー用)(税別)

(問)プリマ楽器 TEL 03-3866-2215/03-3866-2210
   ビュッフェ・クランポン・ジャパン TEL 03-5632-5511

■SPECIFICATIONS 
●材質:ハード・ラバー●ティップ・オープニング: D6M、D7M、D8M、D9M●チェンバー:ミディアム●フェイシング:ミディアム●付属品:なし

■試奏環境 
●本体:セルマー・シリーズⅡ(ヤマハF1ネック)●リガチャー:ヤナギサワ・ヤニー・シクス●リード:ダダリオ・セレクト・ジャズ3M(ファイルド・カット)


D’Addario Woodwinds Select Jazz Tenor D7M 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k