サックス好きのための専門誌Saxworld

マウスピース

Gottsu Jazz Soloist short-shank Baritone

空気感を含んだ甘い音色が特徴の
バリトン用ソロイスト・タイプMP

 日本発のマウスピース・ブランド、ゴッツからソロイスト・タイプのバリトン・サックス用マウスピースがリリースされました。
 シェイプはいわゆるオールド・セルマーのソロイスト・タイプを踏襲していて、リガチャー・サイズも一般的なセルマー・ラバー用サイズと同等です。
 ゴッツ・マウスピース全般に言えることですが、細部まで精巧に仕上げられています。
 サウンドもソロイスト・タイプらしく、温かく柔らかい響きがあり、それでいて音の芯はしっかりと主張しています。
 一般的なジャズ用マウスピースよりも空気感を含んだ甘い音色がプレイヤーの個性をより際立たせてくれるでしょう。
 低音からフラジオまで吹きやすく、ピアニシモからフォルテシモまで発音も容易。オープニングはC☆~Hまで設定されているのでお好みのものが見つけられるでしょう。


ソロイスト・ショート・シャンクのデザインを踏襲

ロー・バッフル、馬蹄形のチェンバーを採用したソロイスト・ショート・シャンクのデザインを踏襲

(撮影:田坂圭)

40,000円(バリトン用)(税別)

(問)ゴッツ TEL:046-205-3612

■SPECIFICATIONS 
●材質:エボナイト(マーブル仕様もあり)●オープニング: C☆(2.05mm)、C☆☆(2.15mm)、 D(2.25mm)、 E(2.35mm)、F(2.45mm)、G(2.65mm)、H(2.85mm)●チェンバー形状:馬蹄形●バッフル:ロー・バッフル(50本限定のハイバッフル・モデルもあり)●付属品:プラスチック・ケース、巾着

■試奏環境 
●本体:ヤナギサワ B-900●リガチャー:ヤマハ●リード:ダダリオ・ラヴォーズ MH

Gottsu Jazz Soloist short-shank Baritone試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k