サックス好きのための専門誌Saxworld

本誌連動企画

ローランド × サックス・ワールド連動企画 清水玲奈が直伝!「サックス奏者のためのエアロフォン初級入門講座」第3回目の動画を公開中

サックス・ワールドVOL.8掲載記事連動
第3回:表現力

 みなさん、こんにちは! サックス・プレイヤーの清水玲奈です! エアロフォンをすでに使いこなしているという方、操作が難しくてあまり使いこなせていないという方も、エアロフォンがさらに楽しくなるように、今回も演奏ノウハウをご紹介していきます!  

 エアロフォンはローランドの開発チームによるあらゆる試行錯誤から生まれ、管弦楽器やシンセサイザーなど電子楽器の魅力が1台に凝縮されたデジタル管楽器です。そんなエアロフォンの魅力でもある、1本で様々な音色が出せるという“音色”(トーン)に着目して今回は紹介していきます。

 そもそも! 様々な音色を出せると何がいいかというと、ジャンルにとらわれず一人で幅広い楽器の演奏が楽しめることはもちろん、エアロフォンをバンドに導入するとアンサンブルの幅をグッと広げることもできるのです。

 では、どういった音色がエアロフォンに内蔵されているのかを早速見ていきましょう!


サックス・ワールドVol.8掲載の「サックス奏者のためのエアロフォン初級入門講座」第3回目とリンクした動画レッスンです。

サックス・ワールド Vol.8をAmazonで購入する

●Lesson 1 「息で音量と音色の強弱をコントロール」

 

●Lesson 2 「バイト・コントローラーをマスター」

 

●Lesson 3 「サム・コントローラー」

 

●Lesson 4 「いろんな表現を合わせてみよう!」

講師:清水玲奈

高校入学後テナー・サックスに出会う。甲陽音楽学院入学後、古谷光広氏・荒崎英一郎氏に師事。2015年より東京ブラススタイルに所属。2017年ミュージカル『キャバレー』に全公演出演。女性では珍しいテナー・サックス奏者の中でも、パワフルなサウンドとアグレッシブなパフォーマンスがトレードマーク。

清水玲奈オフィシャルWebサイト

 

LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k