サックス好きのための専門誌Saxworld

本誌連動企画

米澤美玖作成 ZOOM A1 FOUR/A1X FOUR オリジナル・エフェクト・パッチ・メモリー5選! 

サックス・ワールドVol.15掲載「サックス奏者のためのエフェクター入門講座」連動動画

ライブやレコーディングで使えるA1 FOUR/A1X FOUR サックス用パッチ・メモリーを紹介!

演奏:米澤美玖 文/トラック制作/録音:小川悦司 撮影:富田一也

マルチ・エフェクター、ズーム A1 FOUR/A1X FOURは1台に80種類以上のアコースティック楽器用エフェクトが内蔵されていますので、サックスに使用する大半のエフェクターは、これ1台でカバーできます。さらにA1 FOUR/A1X FOURは1最大5つのエフェクトを同時使用することができ、その組み合わせやそれぞれのON/OFF 、パラメーターの設定を保存することが可能です。これをパッチ・メモリーと言います。ここでは複数のエフェクターを同時使用した際の効果を紹介します。デモ演奏はいずれも米澤美玖が作成したオリジナル・パッチを使用しています。

1. SaxAwah

AUTO WAH  →GEQ
ファンキーなサウンドを演出するオート・ワウを使ったサウンドです。音の強さ、息の入れ方でフィルターのかかり方が変わるので、様々な表情が出せます。まさに“エフェクトを使っています!!”と言える代表的なサウンドです。ブレッカー・ブラザーズのようなサウンドとも言えます。

2. SaxDlyRev

AC TP ECHO →EARLY REF →HALL
バラードにマッチするロング・ディレイと深めのリバーブをかけたサウンドです。このディレイはテープ・エコー・タイプですので、アナログ・ライクな少し高域の少ない暖かいディレイで原音との差がはっきりしています。そのため、深めにかけても原音のフレーズがはっきり聴こえるのが特徴です。

3. SaxDown

 PolyOctDw →RACK COMP →BASS GEQ
原音に対して1オクターブ下のサウンドが鳴るので、2菅でオクターブ・ユニゾンしているようなプレイが可能になります。ソロに使えるのはもちろん、メロディーで使っても良いでしょう。またコンプレッサーを追加しているので、強弱のサウンド・ニュアンスをそのままにレベルを一定範囲に収めバランスの良い演奏が可能です。

4. HyperSolo

FD-B4x10 →SaxChorus →P-P Delay
ギター・アンプのスピーカー・シミュレーターでサウンドに癖をつけつつ、コーラスを掛けて音に厚みを加え、さらにロング・ディレイを1回のみ大きめに返しています。4分音符や付点8分音符のタイミングで演奏すると、原音とディレイ音でハモリを作ることができます。エレクトリック・ギターでは定番アプローチですが、サックスではなかなかレアなセッティングと言えるでしょう。

5. BassyWah

PolyOctDw→SaxAtkFlt
1オクターブ下のサウンドのみが出る設定で、さらにアタック・フィルターをかけているのでオート・ワウのようなサウンド変化もつくようになっています。シンセ・ベースのようなサウンドが出るので、ドラムと2人でアンサンブルしてリズム・セクションのような役割を演じることもできます。ソウル系、ファンキーな雰囲気の楽曲などでこの音色を使ってソロ演奏をしても良いでしょう。


PC/Mac用アプリ”Guitar Lab”にて 米澤美玖オリジナル・エフェクト・パッチを公開!

A1 FOUR/A1X FOUR はグラフィカルなUIで、エフェクトおよびパッチの編集/並び替え/バックアップ作業がワンストップで行える、PC/Mac用アプリ〝Guitar Lab”に対応しています。本記事ので紹介した米澤美玖制作のエフェクト・パッチをオンラインで配信中! ズームWebサイトにて無料でダウンロードが可能です。

https://www.zoom.co.jp/ja/news/A1FOUR_MikuYonezawa


Profile 米澤美玖 [よねざわ・みく]
テナーをメインに、時に渋く、時にアグレッシブな演奏を聴かせ、今最も注目されている若手女性サックス奏者。トップ・クラスのミュージシャンとのリーダー・ライブのほかデヴィッド・マシューズ・ビッグバンドやGLAYのTAKUROのツアーにも参加している。リーダー作はインディーズで5枚リリースの後、2019年4月にメジャー第1作目となる『Exotic Gravity』をキングレコードよりリリース。

メジャー・デビュー第1弾『Exotic Gravity』 米澤美玖

『Exotic Gravity』 をAmazonで購入する


アコースティック楽器専用エフェクター
A1 FOUR/A1X FOUR の主な機能を紹介!

● 楽器用クリップ・マイクを接続できる、マイクアダプタ(MAA-1)付属
● 80種類以上のアコースティック楽器用エフェクト(A1 FOUR:82 / A1X FOUR:90)
● トランペット、サックス、ハーモニカ、バイオリン、それぞれに専用チューニングされた7バンドEQ、オート・ワウ、デチューン・コーラス ● ハウリングを抑えるアンチフィードバック・エフェクト
● 最大5エフェクトを同時使用でき、接続順も自由に並び替え可能 ● PC/Mac用アプリ“Guitar Lab“から、追加のエフェクト/パッチ・メモリーを配信 ● 50種類のエフェクト・パッチをメモリー可能(ファクトリー/ユーザー兼用)
● ボリューム、ピッチ、ワウなど、楽器を弾きながらエフェクトをリアルタイムにコントロールできるエクスプレッション・ペダル搭載(A1X FOURのみ)
● 楽器ケースのポケットに収まる、軽量コンパクト・デザイン
● 単3アルカリ電池×4本で、18時間の連続駆動が可能 (ACアダプタ(別売AD-16)、USBバスパワーでも駆動可能)
● エフェクト通過前のフレーズをループさせて、アコースティック楽器の音作りにも活用できる最長30秒のルーパー機能 ● カホンやラテンパーカッションなどアコースティック向けのリズムを含む68種類のリズム・パターン ● 演奏環境に合わせて全体の音質を瞬時に調節できるアウトプットEQ
● 音楽プレイヤーなどを接続できるAUX IN端子
● エフェクトの設定を自動的に保存するオートセーブ機能
● クロマチック・チューナー内蔵
● Guitar Labとの接続およびファームウェア・アップデート用USBポート装備

A1 FOUR ¥14,000 (税別)

  外形寸法 :156 mm (D) × 130 mm (W) × 42 mm (H)
  重量:340g

ズームA1 FOURをAmazonで購入

 

A1X FOUR(エクスプレッションペダル装備) ¥16,000 (税別)


● 外形寸法 :156 mm (D) × 216 mm (W) × 52 mm (H)
● 重量:610g

ズームA1X FOURをAmazonで購入

問い合わせ先:ズーム カスタマー・サポート・センター
TEL: 0570-078206
URL:https://www.zoom.co.jp/ja/products/effects-preamps/acoustic/a1-four-a1x-four-multi-effects-processors

サックス・ワールドVol.15掲載「サックス奏者のためのエフェクター入門講座」では
■サックスでエフェクターを使用するための基礎知識
・エフェクターに マッチしたマイクの選び方
・エフェクターの 接続方法
・PA ミキサーやアンプへの 接続する際の注意点
・ライブでエフェクターを使用する際の PAさんとのコミュニケーションの取り方
・エフェクター使用時のハウリングへの対処方法
■サックスにマッチした エフェクターの効果を知る(CD連動/演奏:米澤美玖)
ディレイ、リバーブ、コーラス、ピッチシフター、オクターバー、ワウ、イコライザー、ディストーション
を紹介!

サックス・ワールドVol.15をAmaznで購入


LATEST ISSUE

2019年12月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.15

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:藤井尚之&武田真治
○ジャズの巨匠:ジェリー・マリガン
○インタビュー:ミンディ・エイベア
 ティモ・ラッシー(ファイブ・コーナーズ・クインテット)

■インスト特集
○ソプラノ・サックスを知る!
  ・達人が語るソプラノ・サックスの魅力
      土岐英史/フクムラサトシ/Juny-a
  ・ソプラノ・サックス入門モデル全12機種を試奏
 ・ソプラノ・サックス・スコア(ギター伴奏譜付)
      孤独のグルメ・テーマ曲「Stay Alone」
○アルト用マウスピースの定番! メイヤーを徹底解剖

■誌上セミナー
○音を出さないサックス練習術  身体能力をアップ!
○3サックスのアンサンブルに挑戦! sax triplets × 古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「エンブレイサブル・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○ 「クリスマス・イブ」 山下達郎 
 演奏:伊勢賢治 
○「ブルー・トレイン」ジョン・コルトレーン
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ストレイト・トゥ・ザ・ハート」デイヴィッド・サンボーン
 演奏:sax triplets 編曲:小池修


ZOOM Q4n-4k