サックス好きのための専門誌Saxworld

本誌連動企画

NYで最も注目を集める新進サックス奏者 チャド・レフコウィッツ-ブラウンが伝授! アドリブの第一歩 ペンタトニック・スケールでのフレーズ作成攻略法

サックス・ワールドWeb動画連動企画
ペンタトニックをテーマに、アドリブ・フレーズの作成方法を紹介!

 ニューヨークで今最も注目を集めるテナー・サックス奏者、チャド・レフコウィッツ-ブラウン。現在29歳の若さながらアルトゥーロ・オファリルのAfro-Latin Jazz Orchestraでグラミー賞を受賞、テイラー・スウィフトのバック・バンドのメンバーとしても活躍するチャドに今回は誌上セミナーを依頼。ペンタトニックをテーマにアドリブ・フレーズの作成方法をレクチャーして頂きました。

● インタビュー・文:石川周之介 ● 取材協力:中原美野、石森管楽器

※誌上セミナーとの連動企画です。セミナーの内容はサックス・ワールドVol.11を併せてご覧下さい。

※サックス・ワールド本誌掲載の譜例は、実際の演奏をベースに誌面用に一部編集を加えて掲載しています。

サックス・ワールド Vol.11をAmazonで購入

Profile
Chad Lefkowitz-Brown

ニューヨーク・デイリー・ニュースにて「sax phenom (サックスの天才)」と認められ、ミレニアム世代から生まれた初の有名なジャズ・ミュージシャンの一人とされている。ピアニスト、アルトゥーロ・オファリルのAfro-Latin Jazz Orchestraのメンバーとして、グラミー賞を受賞。テイラー・スウィフトのバック・ミュージシャンとしても活躍。最新アルバム『Onward』は、ダウンビート・マガジンの2017年のEditor’s Pickに選ばれ、“彼のテクニックが、驚くほど複雑なラインの難しさを隠している”と絶賛される。現在サンフランシスコ音楽院の客員の教員として、ジャズやサックスを後進に指導。デビュー作『Imagery Manifesto』は、ジャズ評論家により”Debut Album of the Year”と評された。ソロイストとして、またあらゆるジャズ・ミュージシャンやポップ・アーティストと共に世界中をツアー。

 

LATEST ISSUE

2018年12月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.11

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:小野リサ&纐纈歩美
○ジャズの巨匠:ジャッキー・マクリーン
○インタビュー:タワー・オブ・パワー   TOPホーン・アンサンブルの秘密/ フラジオ攻略法

■インスト特集
○サックス解体新書 タンポを知る 
○使えるサックス・ケースの選び方
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビシャー/トゥルートーン 
○リード・ブランド巡歴 ゴンザレス・リード(試奏:田中邦和)

■スペシャル・セミナー
○チャド・レフコヴィッツ-ブラウン ペンタトニック・スケールでのフレーズ作成攻略法

○HIBI☆Chazz-K『VIVA SPORTS!!』発売記念動画コンテスト課題曲 「私を野球に連れていって」
 サックス譜(in B♭、E♭)掲載/付属CDにカラオケ音源収録

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「いつか王子様が」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Everything」 MISIA 演奏:伊勢賢治 
○「二人でお茶を」 Tea For Two  演奏:山田拓児&西口明宏
○「Won’t Be Long」 バブルガム・ブラザーズ 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○シンコーミュージック特選サックス・スコア「Lemon」米津玄師(CD未連動)

ZOOM Q4n-4k