サックス好きのための専門誌Saxworld

本誌連動企画

NYで最も注目を集める新進サックス奏者 チャド・レフコウィッツ-ブラウンが伝授! アドリブの第一歩 ペンタトニック・スケールでのフレーズ作成攻略法

サックス・ワールドWeb動画連動企画
ペンタトニックをテーマに、アドリブ・フレーズの作成方法を紹介!

 ニューヨークで今最も注目を集めるテナー・サックス奏者、チャド・レフコウィッツ-ブラウン。現在29歳の若さながらアルトゥーロ・オファリルのAfro-Latin Jazz Orchestraでグラミー賞を受賞、テイラー・スウィフトのバック・バンドのメンバーとしても活躍するチャドに今回は誌上セミナーを依頼。ペンタトニックをテーマにアドリブ・フレーズの作成方法をレクチャーして頂きました。

● インタビュー・文:石川周之介 ● 取材協力:中原美野、石森管楽器

※誌上セミナーとの連動企画です。セミナーの内容はサックス・ワールドVol.11を併せてご覧下さい。

※サックス・ワールド本誌掲載の譜例は、実際の演奏をベースに誌面用に一部編集を加えて掲載しています。

サックス・ワールド Vol.11をAmazonで購入

Profile
Chad Lefkowitz-Brown

ニューヨーク・デイリー・ニュースにて「sax phenom (サックスの天才)」と認められ、ミレニアム世代から生まれた初の有名なジャズ・ミュージシャンの一人とされている。ピアニスト、アルトゥーロ・オファリルのAfro-Latin Jazz Orchestraのメンバーとして、グラミー賞を受賞。テイラー・スウィフトのバック・ミュージシャンとしても活躍。最新アルバム『Onward』は、ダウンビート・マガジンの2017年のEditor’s Pickに選ばれ、“彼のテクニックが、驚くほど複雑なラインの難しさを隠している”と絶賛される。現在サンフランシスコ音楽院の客員の教員として、ジャズやサックスを後進に指導。デビュー作『Imagery Manifesto』は、ジャズ評論家により”Debut Album of the Year”と評された。ソロイストとして、またあらゆるジャズ・ミュージシャンやポップ・アーティストと共に世界中をツアー。

 

LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k