サックス好きのための専門誌Saxworld

chateaumain_3756

製品レビュー

Chateau CSS-H92SS

ソプラノとしては驚くほど正確な音程感
ダークで柔らかいソプラノ特有サウンド

 シャトーのハンドメイド・シリーズで銅の含有量が多いレッド・ブラスの管体にサテン・シルバー・プレートを施した贅沢なモデル。まず目を釘付けにするのが雪化粧のような華やかな風貌。彫刻も相まって非常に美しい銀世界が表現されています。このルックスだけでも買う理由として十分ではないでしょうか。デタッチャブル式のネックはストレートとカーブドの二種類が用意され、様々な演奏スタイルに対応しています。重量は一般的なデタッチャブル式のソプラノと同等。手に持った感覚は、メイン・キィは標準的ですがサイド・キィはやや大柄なレイアウト。とはいえ慣れてしまえば全く問題無いレベルです。

 今回はストレート・ネック、メイヤー5MMマウスピース、バンドーレン青箱2-1/2、セルマー現行リガチャーで試奏。音色は柔らかくダークでそれでいてしっかりと芯のある傾向。ソプラノ特有の“ポー”サウンドが自然に出るので、“あの”ソプラノの音色が出したい方にうってつけ。特筆すべきは音程の良さ。低音から高音までソプラノとしては驚くほど正確な音程感を叩き出します。ソプラノがそもそも音程の良い楽器が少ない中、ここまでの精度を出せるのは驚きです。確かな技術が成せる技でしょう。音色から醸し出される質感はダークで柔らかいので、ジャズ・フュージョンでバラードを歌い上げるようなシーンで魅力を最大限に発揮するでしょう! お求め安い価格帯なのでソプラノ購入の際にはぜひご一吹ください。


サテン・シルバー仕上げの管体

響きの良さを求めたレッド・ブラス92%コパーを素材にサテン・シルバー仕上げにした管体にブラス製/銀メッキのキィを採用。クラシカルでソリッドな仕上げ

サテン仕上げの本体に鏡面仕上げのレバーやキィが映える

本体のサテン仕上げと対称的に鏡面仕上げされたキィやタンポ皿は、シルバーの質感にコントラストを生み出している。良質な白蝶貝を使用し、フロントFキィは引っかかりの少ないティア・ドロップ型を採用

ブラス・サム・フックを搭載

ブラス・サム・フックの搭載で音の広がりを抑制し芯のあるしっかりした音を追求し、タンポにはピゾーニ社製Proパッドを装着し気密性、防水性に優れ、高寿命に貢献する

(撮影:田坂圭)

230,000円

(問)ホスコ TEL 052-796-1588

■SPECIFICATIONS ●管体:レッド・ブラス●塗装:サテン・シルバー・プレート●キィ:ブラス製(シルバー仕上げ)●パッド:ピゾーニPro R●その他仕様:ブラス・サム・フック&サム・レスト、ニードル・スプリング、ネック2本付(ストレート/カーブド)●付属品:ケース、マウスピース、リガチャー、グリス、ストラップ、スワブ、リード
■試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM、リード:バンドーレン青箱2-1/2、リガチャー:セルマー現行リガチャー(シルバー・プレート)

 
Chateau CSS-H92SS試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。
 

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

SAXworld_vol5_cover_M

2017年6月12日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.5

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:伊東たけし(T-SQUARE)
○ジャズの巨匠:ジョン・コルトレーン
○特集:渡辺貞夫 1980年代の活動を振り返る
○特別寄稿:菊地成孔 ジャズの歴史の中でのサキソフォン

■スペシャル・セミナー

○Bloodest Saxophone甲田伸太郎が直伝! ブロウ・サックス奏法徹底攻略術
○ボブ・シェパード誌上セミナー:アンブシュアの問題を解決!

■インスト特集

○ビンテージ・サックス・ミュージアム拡大版  セルマー・スーパー・バランスド・アクション(SBA)
○サックス解体新書 彫刻師の仕事を知る
○マウスピース工房訪問 第1 回:Gottsu 試奏レポート:竹野昌邦

雑誌の詳細をみる