サックス好きのための専門誌Saxworld

ソプラノ・サックス

Unison SS-7001L

イメージしたとおりのニュアンスが
トレース可能な吹きやすくよくできた楽器

 台湾のサックス・メーカー“ユニゾン”のラインナップの中から、今回はお求め易いカーブド・ソプラ・サックスを試奏しました。一般的にカーブド・ソプラノは持った感触が窮屈になるモデルが多いですが、こちらはすんなり手に馴染みます。

 しかもアルト・サックスと同様のキィ・レイアウトなので、フィンガリングも自然で非常に素晴らしいです。気持ちの良い適度な抵抗感で、グッと吹き込めば真鍮らしいブリリアントな倍音が出て、抑えていくとソプラノらしい甘く丸い音色へと変化します。

 音量や音域による吹奏感の変化も少なく、イメージしたとおりのニュアンスをトレースしていきます。吹きやすくてよくできた楽器といった印象。

 カーブド・ソプラノの泣きどころといわれる音程もストレート・タイプのような端正さとまではいかないものの、よく奮闘しています。こちらも慣れてしまえばさほど問題になることはないでしょう。

 ベルが上に向くのでストレート・タイプよりもアルトやテナーのようなザラついた音色がハスキーで気持ち良く、演奏中も自分の音を聴き取りやすいのが新鮮です。

 カーブド・ソプラノ欲しいけど予算がねー、という方のベスト・チョイスになりそうなモデル。ナカナカイイですよ!


メタル製サム・フック

上位モデルに搭載されることが多い金属製のサム・フック。可動式なので位置や角度の調整が可能

ブルースチール・スプリング

針バネに熱処理を行ったブルースチールス・プリングが、指への負担が少ないキィ・アクションを実現

ピゾーニ製のパッド

パワフルで演達性の高いメタル・ブースターを搭載した、イタリア・ピゾーニ社製の高級パッドを採用

(撮影:田坂圭)

160,000円(税別)

(問) 黒澤楽器店 管楽器卸営業部 TEL 03-5259-8193

■SPECIFICATIONS 
●材質:真鍮●仕上げ:ラッカー●その他の仕様:単独式キィ・ポスト台座、ブルースティール・スプリング、可動式メタル・サム・フック、メタル・サム・レスト、高品質イタリア製パッド(金属製反射板)、ハイF#キィ付●付属品:ケース、マウスピース、リガチャー、キャップ、ストラップ、クロス

■試奏環境 
マウスピース:セルマー S80 C★★、リガチャー:セルマー(旧式)、リード:ダダリオ・セレクト・ジャズ3M(ファイルド・カット)


Unison SS-7001L 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年12月13日発売

サックス・ワールドVol.23

◎表紙&巻頭特集:本多俊之 ソプラノ・サックス上達術
◎ジャズの巨匠:ズート・シムズ
◎注目のサックス奏者対談:江澤 茜 × 中島朱葉/藤田淳之介 × 安藤康平/坂田明奈 × 前田サラ
◎新連載:日本のジャズ、日本のサックス  第1回 大正時代編:日本初のジャズ・サックス奏者 前野港造
◎特別インタビュー 『カムカムエヴリバディ』音楽担当 金子隆博が語るサウンドトラックに込めた想い

■インスト特集
◎バンドーレン・マウスピース(試奏:平野公崇/山口宗真)
新定番を探せ! ジャズ用マウスピース試奏レポート(試奏:江澤 茜/中島朱葉)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道
J-POPでバラード挑戦!! 今回の講師:織田浩司(BIG HORNS BEE)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○  「ザ・クリスマス・ソング」ナット・キング・コール(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「コンファメーション」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「浪漫飛行」米米CLUB(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第4番 BWV 775(as/ts)」/編曲、解説、演奏:門田”JAW”晃介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k