サックス好きのための専門誌Saxworld

lcsax_sc601sl_0

製品レビュー

LC SAX SC-601CL

重厚感のある落ち着いたサウンドが魅力
10万円台で購入可能なカーブド・ソプラノ

 LCサクソフォンという台湾メーカーのカーブド・ソプラノが登場。デタッチャブル・タイプのネックでラッカー仕上げのモデル。造りの良さが滲み出ていて現在の台湾メーカーの技術力が垣間見えます。手に持つとやや小ぶりなキィ配置が手にフィットして操作性に貢献しています。指貝はグレーがかった貝が使われていてルックスが締まり、格好良いです。

 マウスピースはメイヤー5MM、リガチャーはセルマーSP、リードはバンドーレンJAVA3で試奏開始。程よい抵抗感によりカーブド・ソプラノにしては重厚感のある落ち着いた音質、ラッカーの楽器らしいクセのない響きもあってとてもナチュラルな吹奏感です。低音からオクターブ・キィを押したCまでは自然で吹きやすく、それより上のサイド・キィを使うDより上の高音域はコントロールが必要になりますが、慣れてしまえば問題ないレベルでしょう。音程は国産のストレート・ソプラノのようにはいきませんが、カーブド・ソプラノということを考慮に入れればおよそ平均的なレベル。楽器が持つ音程のクセを理解すれば奏者側でコントロールできると思います。アーテュキレーションに対しては申し分なくタンギングやニュアンスも思い通りに表現することができます。安めの価格帯でこのクオリティなので、カーブド・ソプラノの購入を検討されている方はぜひご一吹ください!


lcsax_sc601sl_2

手作業で打って作られるベル

台湾の創業70年の老舗メーカーが真鍮を均一に手作業で慣らし、ベルを打ち込んで作るプロセスによってサックスにより良い共鳴音をもたらす

可変サムフックを採用

ドイツ製のブルー・スチール・スプリングやイタリア製ピゾーニ・パッドとメタル・レゾネーターを、メタル・サムフックは可変式を採用

メタル・サムフックの採用

材料の選択や技術的な専門知識に加えてLCの伝統的な方法で素材を組み合わせることで楽器に優れた価値をもたらし、高品質な銅合金の使用で磨耗や変形を防ぐ。メタル・サムフックで鳴りの良さを追求

lcsax_sc601sl_1

(撮影:田坂圭)

171,296円(税別)

(問)WORLD BRASS LC正規代理店 Mail:info@worldbrass.tokyo

■SPECIFICATIONS ●管体:イエローブラス●塗装:ラッカー●その他の仕様:ドイツ製ブルースチール・スプリング、イタリア製ピゾーニ・パッド(レザー)&メタル・レゾネーター、メタル・サムレスト、可変メタル・サムフック、ラウンド・サーフェス・オクターブ・キィ●付属品:オリジナル・マウスピース、リガチャー、セミハードケース、お手入れ用品
■試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM、リード:バンドーレン JAVA3、リガチャー:セルマーSP


LC SAXSC-601CL試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

SAXworld_vol4_cover_move1-3 5

2017年3月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.4

■アーティスト特集

表紙&巻頭特集:藤井尚之
ジャズの巨匠:キャノンボール・アダレイ

■スペシャル・セミナー

音色、タンギング、ピッチ、音感の基本的な問題点を解決!
本田雅人スペシャル・セミナー

■アーティスト研究

キャンディ・ダルファーの魅力を徹底解剖!
(解説:藤野美由紀、海野あゆみ、前田サラ)

■インタビュー

チャールス・ロイド/西口明宏&黒田卓也(メガプテラス)

■インスト特集

ウッドストーン ニュー・ビンテージ・アルト

ビンテージ・サックス・ミュージアム/キング・スーパー20