サックス好きのための専門誌Saxworld

rc_r1jazz_0

製品レビュー

Rampone&Cazzani R1Jazz Vintage Heavy Silver Plated inner Gold Plated Bell

ビンテージのような軽やかな吹奏感と個性のあるダークな質感のサウンド

 イタリアの老舗ブランド、ランポーネ アンド カッツァーニ。このカーブド・ソプラノはネック一体型で、ビンテージ・シルバー・プレートの名にふさわしく、まるでビシャーのトゥルートーンを現代に甦らせたような質感です。手に持った感覚は普通のソプラノのキィをさらに密集させたような配置になっていて、特に6番のキィ(右手薬指)とD♯キィ(右手小指)がかなり近いので慣れが必要です。

 マウスピースはメイヤー5MM、リガチャーはセルマーSP、リードはバンドーレンJAVA3で試奏開始。この楽器を演奏してまず感じるのは音の立ち上がりの速さ。オールドの楽器を吹いているかのような軽やかな吹奏感が心地よく、それでいてサウンドは密度の濃く中身の詰まったダークな質感です。音色自体に個性があるので吹いていて自然と演奏に入り込める感覚が新鮮でした。さらに反応の良い楽器なのでアーテュキレーションも容易。早いタンギングやパッセージにも対応します。音程はさすがに国産のストレート・ソプラノのようにはいきませんが、カーブド・ソプラノということを考慮に入れればおよそ平均的なレベルです。ひとつひとつ音程のクセを見付けていけば奏者側でコントロールできると思います。

 小さな楽器本体からキャラクターのある音色が出てくるので、ストレートのソプラノとは違った雰囲気を演出したい方には最良の選択肢の一つになると思います。この楽器は一吹の価値ありですよ!


ビンテージ・シルバー・プレート/インナー・ゴールド・ベル

ビンテージ・サックスの質感そのままのビンテージ・シルバー・プレート仕上げはカーブド・ソプラノの伝統的なたたずまいを醸しだし、素材のレッド・ブラスにポリッシュ・ゴールド・プレート仕上げのインナーで現代らしさもあわせ持つ美しさ

ネック・オクターブ・キィのR&Cマーク

ランポーネ・アンド・カッツァーニのロゴ・マークをオクターブ・キィに掲げたネック。レッド・ブラス製はまとまりのある力強いサウンドが特長

ベル部を飾るR1 JAZZの芸術的な彫刻

イタリア・メーカーならではの芸術的な手彫りの彫刻がベル部全体に施され、R1 JAZZの下にはサックスのイラスト。ヤン・ガルバレクがメイン楽器として使用し認めたランポーネの高品質を象徴している

(撮影:田坂 圭)

574,000円

(問)石森管楽器店 TEL 03-3360-4970

■SPECIFICATIONS ●管体:レッド・ブラス●塗装:ビンテージ・シルバー・プレート/インナー・ゴールド・プレート・ベル●High F♯キィ、フロントFキィ●付属品:ケース、ウッドストーン/ハンドメイド・マウスピース/ラージ & GF-Systemリガチャー 付属(特別製作・非売品)
■試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM、リード:バンドーレンJAVA3、リガチャー:セルマーSP


Rampone&Cazzani R1Jazz Vintage Heavy Silver Plated inner Gold Plated Bell試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

SAXworld_vol5_cover_M

2017年6月12日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.5

■アーティスト特集

○表紙&巻頭特集:伊東たけし(T-SQUARE)
○ジャズの巨匠:ジョン・コルトレーン
○特集:渡辺貞夫 1980年代の活動を振り返る
○特別寄稿:菊地成孔 ジャズの歴史の中でのサキソフォン

■スペシャル・セミナー

○Bloodest Saxophone甲田伸太郎が直伝! ブロウ・サックス奏法徹底攻略術
○ボブ・シェパード誌上セミナー:アンブシュアの問題を解決!

■インスト特集

○ビンテージ・サックス・ミュージアム拡大版  セルマー・スーパー・バランスド・アクション(SBA)
○サックス解体新書 彫刻師の仕事を知る
○マウスピース工房訪問 第1 回:Gottsu 試奏レポート:竹野昌邦

雑誌の詳細をみる