サックス好きのための専門誌Saxworld

ソプラノ・サックス

Yanagisawa S-WO1

ストレート・ネックならではの自然な吹奏感と音色

 3号続けてヤナギサワのソプラノ・サックス、ニュー・モデルを存分に試奏させていただくことができて光栄です。今回は真鍮ラッカーのネック一体型モデル“S-WO1”の試奏レポートをお届けします。

 毎号お伝えしていますが細部にまで妥協のない作りの良さは“さすが”の一言。手にスッとなじむキィ・レイアウトもとにかくナチュラルです。

 ストレートでネック一体型のソプラノ特有の軽くて無駄のない抵抗感が吹いていて気持ち良い。つぶやくようなピアニシモから全開のフォルテシモまでストレスなく息を受け止めてくれます。

 付録CDのデモ演奏では右手あたりにマイクをセットしてレコーディングしていて、何か特別なことをすることもなくソプラノ・サックス特有のあの”ポー”サウンドが収録できます。

 音程もとても良く、デモ演奏では高い“ミ”まで使っていますがアルトの感覚で吹いてもほぼジャストにくるので、あとは微調整で思い通りの音程までもっていけます。中・低域の音程についてもソプラノとは思えないぐらいに良いです。

 普段はヤナギサワのデタッチャブル・モデルのカーブド・ネック (S-99)をメインにしていますが、ストレートの自然な吹奏感と音色に心惹かれました。ソプラノをお探しの方には是非お試しいただきたい逸品です。


ソプラノ用に開発されたブラス製

新しく開発されたソプラノ専用ブラス(真鍮)材を採用。ジャズやポップスなど幅広いジャンルに適した音痩せしないしっかりとした響きが特徴

 

一体型のストレート・ネック

ネックはストレートのライト・タイプ。ワンピース・ネックならではのダイレクトな吹奏感が魅力

 

滑らかな連動が可能な左手テーブル・キィ

C#-B♭の連動に加え、C#-B間にもシーソー機構を採用。独自のシステムにより滑らかな連動を実現

(撮影:田坂圭)

278,000円

(問)プリマ楽器 TEL 03-3866-2215/03-3866-2210

■SPECIFICATIONS ●管体:ブラス●塗装:ラッカー仕上げ●彫刻:あり●その他:吹込管:直管、High F#キィ付●付属品:ケース、マウスピース(エボナイト製)
■試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM、リード:リコ・グランド・コンサート2 1/2、リガチャー:バンドーレン・オプティマム


S-WO1試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2020年3月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.16

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:デイヴィッド・サンボーン
○ジャズの巨匠:ジョー・ヘンダーソン
○インタビュー:キャンディ・ダルファー

■インスト特集
○ハイ・バッフル・マウスピース大研究!!
  ・達人によるハイ・バッフル・マウスピース攻略術
      ■宮崎隆睦
   ■勝田一樹(DIMENSION)
      ※マウスピース・コレクション紹介
  ・ハイ・バッフル・マウスピース全70モデルを試奏レポート!

■誌上セミナー
○新連載:Official髭男dism/楢﨑 誠 × アンディ・ウルフ 吹奏楽出身者のためのジャズ&ポップス・サックス奏法入門
○3サックスのアンサンブルに挑戦! sax triplets × 古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ダニー・ボーイ」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○ 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」 スティング 
 演奏:伊勢賢治 
○「ミスターP.C.」ジョン・コルトレーン
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「サックス・ア・ゴー・ゴー」キャンディ・ダルファー
 演奏:sax triplets 編曲:小池修


ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP