サックス好きのための専門誌Saxworld

ソプラノ・サックス

Yanagisawa SC-WO10

ストレートのソプラノとは違うふくよかで響きのある音色

 ヤナギサワのカーブド・ソプラノ・サックスが、WOシリーズに刷新されて新登場! 細部まで妥協のない作りの良さはこのモデルでも素晴らしく、持った瞬間のフィット感、フィンガリングの自然さはコンパクトな楽器形状の制約を感じさせることなくとてもよくできています。

 吹いてまず驚くのが、吹き込むエアに対してリニアに追従する自然な抵抗感の良さ。強弱だけでなく音域に対しても適切で自然な抵抗を感じることができ自由な演奏に貢献します。

 カーブド・ソプラノの音は良くも悪くも“チャルメラ”と形容されることがありオモチャっぽい印象がありますが、このモデルはふくよかで響きのある音色を持っています。ストレートのソプラノ・サックスとは違うカーブド・ソプラノ特有の音色を確立しているなという印象を持ちました。

 WOのストレート・モデルほど強いインパクトはありませんでしたが、音程はかなり良くなっていると思いました。

 楽器としての完成度が高いので、多くのジャンルで戦力になる楽器だと思います。カーブド・ソプラノを吹いたことがない方も是非吹いてみてください。吹きやすさにビックリすると思いますよ!


フロントFキィの形状を見直し

フロントFキィのアームを、動作がスムーズな形状に変更。演奏性が高まった

 

左手サイド・キィの操作性が向上

左手サイド・キィを、ベルの方向へ押える角度に変更することで、操作性をさらに向上させることに成功

 

ストラップ・リングの位置を変更

演奏時に楽なポジションをとれるようにストラップ・リングの位置が変更されたことで、よりバランスがとりやすくなった

(撮影:言美 歩)

470,000円

(問)プリマ楽器 TEL 03-3866-2215/03-3866-2210

■SPECIFICATIONS ●管体:ブラス●塗装:ラッカー仕上げ●彫刻:あり●タイプ:ヘビー●その他: High F#キィ付●付属品:ケース、マウスピース(エボナイト製)SC120
■試奏環境 マウスピース:メイヤー5MM、リード:バンドーレン・トラディショナル 2 1/2、リガチャー:バンドーレン・オプティマム


SC-WO10試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2019年6月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.13

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:ケニーG
○ジャズの巨匠:ウェイン・ショーター
○インタビュー:デイヴ・コーズ

■インスト特集
○サックス解体新書 リード大特集
○ソプラノ・サックス用マウスピース全18モデルを徹底比較
○セルマー・スーパー・サックス(SSS)

■誌上セミナー
○大山日出男が伝授 スウィングの苦手意識を克服! ジャズにおけるリズムの研究
○ボブ・レイノルズ 日々の練習のヒント
○ブロウ・サックスに挑戦! 藤井尚之 ×古畑奈和(SKE48)
○新連載:石川周之介のジャズの名曲でマスターするサックス上達セミナー

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ネイマ」ジョン・コルトレーン 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「PIECE OF MY WISH」 今井美樹 
 演奏:伊勢賢治 
○「ストライク・アップ・ザ・バンド」  
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「オールウェイズ・ゼア」ロニー・ロウズ 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○「乾杯」長渕剛(CD未連動)

ZOOM Q4n-4k