サックス好きのための専門誌Saxworld

リガチャー

WOOD STONE KODAMA II

反応の良さとナチュラルな抵抗感
木材と革のハイブリッド・リガチャー

 以前から気になっていたウッドストーンのリガチャー“コダマ”。皮の質感が高く、皮の処理やステッチなど細部にわたり美しい仕上げとなっています。見た目の美しさだけでも所有欲を満たしてくれるでしょう。
 まず感じたのは反応の良さと抵抗感が非常にナチュラルなこと。弱音は素早く立ち上がり強く吹き込んでいっても限界点がすごく先にある感覚。ヘビー級なセッティングにありがちな“これ以上息は入りませんよ”といったタイプとは真逆なキャラクターです。それでいて音色は軽くならずドッシリとダーク。シッカリとした音の芯も感じさせながら皮特有の木管的な柔らかく透き通る音色も併せ持つので金属と皮、そして木材の良いとこ取り。
 あと気に入ったのは良い意味で個体差があるという点。抵抗感の強め/弱め、音色がブライト/ダークなど自分の好みに合った個体を見付けることができるでしょう。是非お試しを!

革部分のカラーは3色から選択可能

革のカラーは写真左から黒、茶、キャラメルの3色から選べる。対応マウスピースはセルマー・ラバー用とメイヤー・ラバー用の2タイプから選択

(撮影:田坂圭)

13,500円

(問)石森管楽器 TEL 03-3360-4970

■SPECIFICATIONS ●材質:最高級グラナディラ材(リード接触部分)+本革(マウスピース接触部分)●締め:逆締●カラー:黒、茶、キャラメル●対応マウスピース:セルマー・ラバー用、メイヤー・ラバー用●付属品:プラスチック・キャップ
■試奏環境 本体:Aセルマー・マークⅥ、マウスピース:バンドーレンV16 A5M、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2


WOOD STONE KODAMA II試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k