サックス好きのための専門誌Saxworld

本誌連動企画

コンタクト・マイク 全7機種試聴レポート

ライブ派サックス奏者の必需品

今やライブ派のサックス奏者にとっては必需品となったコンタクト・マイク。以前は高価でアマチュア・プレイヤーにとっては高嶺の花という存在でしたが、近年は手頃で高性能な製品も登場したことで入手しやすくなり、ライブ会場に個人所有のコンタクト・マイクを持ち込むケースが増えています。今回は7モデルのコンタクト・マイクでレコーディングしたサウンドを試聴頂きサックス奏者、レコーディング・エンジニア、ライブPAエンジニアの3名に、 それぞれ異なる立場からコメントを頂きました。皆さんのマイク選びの参考にしてみてください。

※サックス・ワールドVol.4の付属CDにコンタクト・マイク全7機種をアルト・サックス、テナー・サックスでレコーディングした音源全14トラックを収録しています( 演奏:庵原良司)

  取材・文:西本勲 撮影:八島 崇 取材協力:Flash Light Studio

コンタクト・マイクを試聴テストしたのはこの3人

サックス奏者 庵原良司

Profile 早稲田大学入学を機にアルトサックスを始め、佐藤達哉氏に師事。卒業後プロに転向。クラリネットやフルート、作編曲も手がける。マンハッタン・トランスファー、SMAP、TUBE、KinKi kids、aiko、久保田利伸、石井達也などのバックを務める。自身のバンド、オレバンドでも活動中。

mic___021

レコーディング・エンジニア 藤原暢之

Profile ベイブリッジスタジオ〜キーストーンスタジオ〜ファロスなどを経てフリーランスのレコーディング・エンジニアとして活躍中。ゆず、米米CLUB、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、野宮真貴らのアーティストや、サントラ、ゲーム音楽など多数のレコーディングを手がける。

mic___032

ライブPAエンジニア 佐藤正明

Profile 音響技術専門学校卒業、タチバナ音響研究所〜フリーランスを経て、2003年にスターテック加入。岸谷香、Crystal Kay、いきものがかり、flumpool、FLiPなどのFOHエンジニアや、PRINCESS PRINCESS、槇原敬之、スピッツ、CHARAなどのモニター・エンジニアを務める

mic___037

試奏した7機種はこちら

AKG C519ML

AUDIO-TECHNICA ATM350U

DPA Microphones VO4099S

SD Systems Instrument Microphones LCM85 & LDM94C

SENNHEISER e908 B

SHURE BETA98H/C-X

※製品名をクリックすると各製品のレビュー・ページにジャンプします。


LATEST ISSUE

2019年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.14

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)
○ジャズの巨匠:フィル・ウッズ
○インタビュー:ネルソン・ランジェル
○師弟対談 ユッコ・ミラー & 川嶋哲郎

■インスト特集
○徹底解剖 現行セルマー・サックス
○サックス解体新書 リガチャーを知る
○オットーリンク・タイプ・メタル・マウスピース試奏

■誌上セミナー
○新連載:SAX CATSが伝授  いつでもどこでも練習 音を出さないサックス練習術
○ペンタトニック・スケールのアドリブに挑戦! Juny-a (FIRE HORNS) ×古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・オブ・ユー」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「シングル・アゲイン」 竹内まりや 
 演奏:伊勢賢治 
○「ナウズ・ザ・タイム」 チャーリー・パーカー
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「ワインライト」グローヴァー・ワシントンJr. 
 演奏:sax triplets 編曲:小池修
○ 「Blues for Alice」(チャーリー・パーカー作)
     演奏:Tenor Talk(門田"JAW"晃介 & 石川周之介)※模範演奏のみ


ZOOM Q4n-4k