サックス好きのための専門誌Saxworld

ソプラノ・サックス

Cannonball SA5-BS “Big Bell Stone Series”

太い!力強い!艶やか!三拍子揃った音色
モニターしやすいアーク・ソプラノ

 やってきましたキャノンボールのヘビー級ソプラノ! 黒とシルバーのルックスはキャノンボールの代名詞のようになっていますが相変わらず格好良い。そしてベルが前に向いているアーク・モデルです。まず持って驚くのがその重量。ブラインドで手に持たされたら“アルト!”って答えるかもしれません。キィ配置は国産モデルに比べやや大柄ですが操作上問題にはなりません。
 マウスピースはメイヤー 5MM、リードはバンドーレン・トラディショナル(青箱)2 1/2、セルマー現行リガチャーSPで試奏開始。吹いてまず感じるのはヘビー級の重量からくる抵抗感の強さ。その分アンブシュアや息を細めなくてもガンガン鳴ってくれます。そしてアークド・ベルの恩恵で自分の音が聞こえやすいのも新鮮でした。ちょうどカーブド・ソプラノとの間といった印象です。音色は太い!力強い!艶やか!の三拍子。弱い音では細くならず存在感があり、どれだけ強く吹き込んでいっても全く破綻せず、楽器の持つキャパシティは相当です。
 音程はソプラノとしてかなり良いレベルで、特に高音で音程がうわずらないのが好印象。ソプラノの高音を下げながら吹くのは至難の技ですからね。ルックス的も音色的にも、スムース・ジャズやポピュラーを演奏される方に最良の選択肢の一つになると思います。ルックスに惹かれたあなた! お目が高い。中身も素晴らしい楽器ですよ。ぜひお試しを!


音を前に飛ばすアーク・タイプ・ベル

ベル部は前方に曲がったアーク・タイプを採用。これにより音を前方に飛ばすことが可能に

準宝石埋め込みによるサウンドの向上

キィを中心とした15箇所に埋め込まれた準宝石。見た目の美しさのみならず、サウンドのまとまりや音程の良さに効果をもたらしている

2種類のネックが付属し、あらゆる音楽ジャンルに対応

クラシック、吹奏楽、ジャズ、ポップスなどジャンルによってストレート・ネックとカーブド・ネックを交換できる。各ネックにも共鳴石が埋め込まれている

(撮影:田坂圭)

430,000円

(問)黒澤楽器 TEL 03-5259-8193

■SPECIFICATIONS ●管体:イエロー・ブラス●塗装:管体/ブラック・ニッケル・メッキ、キィ/ブラック・シルバー・メッキ●その他の仕様:ストレート・ネック&カーブド・ネック、High F#キイ&High Gキイ付、準宝石使用、イタリア・ピゾーニ社高品質・高耐久パッド、真鍮製ニッケル・メッキ仕上げパット・ブースター、キィ・ポスト単独台座●付属品:ハード・ケース、マウスピース、リガチャー、キャップ、ストラップ、クロス
■試奏環境 マウスピース:メイヤー 5MM、リード:バンドーレン・トラディショナル2 1/2、セルマー現行リガチャーSP


Cannonball SA5-BS “Big Bell Stone Series”試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2018年6月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.9

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:寺久保エレナ
○ジャズの巨匠:ソニー・スティット
○インタビュー:ケニー・ギャレット、藤野美由紀&佐橋佳幸

■インスト特集
○サックス解体新書 マウスピースの素材を知る/エボナイト工場潜入レポート
○キャノンボール・サックスのすべて
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(前編)

■スペシャル・セミナー
○マックス・イオナータ・セミナー(後編) ジャズらしく吹く方法
○勝田一樹 勝田に訊け! サックスお悩み相談室

○古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン 次世代エースへの道
 楽器店に訪問! 初心者のためのサックス購入ガイド

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「イースト・オブ・ザ・サン」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「Your Eyes」 山下達郎 演奏:伊勢賢治 
○「アイ・ガット・リズム」演奏:山田拓児&西口明宏
○「がんばりましょう」  SMAP 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修