サックス好きのための専門誌Saxworld

テナー・サックス

Chateau CTS-A70GL

上位モデルに使用される高級パーツを採用したハイコスト・パフォーマンス・モデル

 台湾のサックス・ブランド“シャトー”からαスタンダード・シリーズのテナー・サックスが新登場。上位にハンド・メイド・シリーズがあるので、実質下位グレードという位置付けながらブラス製のサム・フックや各メーカーの上位モデルに使用されるピゾーニProパッドが奢られていてお得感満載のスペック。

 材質はイエロー・ブラス(真鍮)にゴールド・ラッカー仕上げのスタンダートなモデルで、ややオレンジがかった色合いが印象的。手に持った印象はやや大柄なキィ・レイアウトながら操作性が良く自然なフィンガリングを可能にしています。

 さらにαシリーズのみに搭載されたという左手部分の台座一体型キィ・ポストと右手部分の独立型キィ・ポストが、抵抗感と音色感のバランスに効果を発揮しているとのこと。

 試奏してまず感じるのはオーソドックスなラッカー・モデルらしいナチュラルな吹奏感。良い意味で中庸な楽器なので、マウスピースやリードを自分の好みの方向性にすることで様々な個性を演出することが可能です。音程も全音域でバラツキが少なく基本設計の良さを感じます。

 税抜17万円という価格設定もお得感十分。安価で使えるテナーをお探しの方、是非お試しください。


コンビネーション・キィ・ポスト

左手部分は台座一体型キィ・ポスト(写真上)。右手部分は独立型キィ・ポスト(写真下)を採用。この組み合わせにが軽快な吹奏感と、深く奥行きのある音色に貢献している

ブラス・サム・フックを搭載

ブラス製のサム・フックやピゾーニ社製Proパッドなど、上位モデルに搭載される高級パーツを惜しげもなく採用

(撮影:田坂圭)

170,000円

(問)ホスコ TEL 052-796-1588

■SPECIFICATIONS●管体:イエロー・ブラス●塗装:ゴールド・ラッカー仕上げ●彫刻:あり●パッド:ピゾーニPROパッド●その他仕様:ブラス製サム・フック&サム・レスト、コンビネーション・キィ・ポスト(左手:台座一体型 右手:独立型)●付属品:シェイプ型ケース、マウスピース、リガチャー、グリス、ストラップ、スワブ、リード
■試奏環境 マウスピース:ノルベルト・メタル、リード:ダダリオ・ラヴォーズ・ミディアム・ソフト、リガチャー:バンドーレン・オプティマム


Chateau CTS-A70GL 試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2020年12月10日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.19

■アーティスト特集

◎表紙&巻頭特集:BIG HORNS BEE
◎速報!! 伊東たけし[T-SQUARE] meets
Roland Aerophone Pro AE-30

◎『チャーリー・パーカー・オムニブック』 徹底攻略術
池田 篤が伝授! 『オムニブック』の活用法

■インスト特集
◎リード・ブランド巡礼:ダダリオウッドウィンズ(試奏:鈴木央紹)
◎マウスピース研究:ランバーソン(試奏:織田浩司)

■誌上セミナー
◎小池修 直伝 タンギング徹底マスター
Official髭男dism/楢﨑 誠 × アンディ・ウルフ
   吹奏楽出身者のためのジャズ&ポップス・サックス奏法入門
音を出さないサックス練習術 SAX CATS
■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「家路」(Going Home)
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「サイレント・イヴ」辛島美登里
 演奏:伊勢賢治 
○「ジャイアント・ステップス」 ジョン・コルトレーン
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「HALLELUJAH I LOVE HER SO」メイシオ・パーカー
 演奏:sax triplets+青柳誠/小池修 編曲:小池修

ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP