サックス好きのための専門誌Saxworld

テナー・サックス

Unison TS6003BS

音の芯がしっかりしていて太さとダークさを合わせ持つ

 ブラック・ニッケル・メッキが粋なこちらのテナー。ユニゾンは台湾製のメーカーでとても良く作られています。キィはテナーらしくちょっと大柄ですが往年のセルマー・シリーズⅡと似て操作しやすい配置になっています。実売税込20万円を切るモデルながらメタル・フックやメタル・レゾネーターが使われていてお買い得感があります。

 実際に吹いてみるとニッケル・メッキらしい音の立ち上がりの速さが印象的です。息がコツンと音に変わるイメージがビンテージ楽器のようで吹いていてとても楽しい楽器です。

 音色は一般的なラッカー・モデルに比べて音の芯がしっかりしていてドライなイメージですが、太さとダークさも併せ持っているのでアンサンブルの中では音を馴染ませながらここぞというときには存在感をアピールできるでしょう。音程は高い音がうわずらないタイプで、メインで使用しているマークⅥに近い感覚で吹けるのでとても楽でした。

 見た目の主張は強いですが、音色や操作性、音程はとってもニュートラルなのでプレイヤーの思いを表現しやすい楽器だと思います。多くの方に試してみていただきたいモデルです。ジャズ、ポピュラー。スムースジャズ系に是非!


ブラック・ニッケル・メッキ仕上げの管体

音の立ち上がりの速さが印象的なブラック・ニッケル・メッキ仕上げの管体

銀メッキ仕上げのキィ

キィを銀メッキ仕上げにすることでタイトでまとまりのあるパワフルなサウンドを実現

一体式キィ・ポスト台座

上位機種に採用されているキィ・ポスト一体型の台座や一体型ライヤー・ホルダーを採用。堅牢性と音のまとまりが向上

(撮影:田坂圭)

210,000円

(問)黒澤楽器店 TEL 03-5259-8193

■SPECIFICATIONS ●管体:イエロー・ブラス●塗装:本体/ブラック・ニッケル・メッキ、キィ/銀メッキ●彫刻:なし●その他の仕様:一体式キィ・ポスト台座、金属製反射板、ブルー・スティール・スプリング、可動式メタル・サム・フック、メタル・サム・レスト、ライヤー・ホルダー一体型ネック・ジョイント、高品質イタリア製パッド、ハイF#キイ付●付属品:フライト・ケース、マウスピース、ネック・ポーチ
■試奏環境 マウスピース:ノルベルト・メタル、リード:リコ・ラヴォーズ・ミディアム・ハード、リガチャー:バンドーレン・オプティマム


Unison TS6003BS試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2021年9月13日発売

サックス・ワールドVol.22

◎表紙&巻頭特集:勝田一樹(DIMENSION)
◎追悼特集:土岐英史

◎ジャズの巨匠:ジョニー・ホッジス(奏法分析:サイモン・コスグローブ)
◎インタビュー:ジャリール・ショウ

■インスト特集
◎リガチャー最前線(試奏:宮崎隆睦)

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道(動画連動)
ファンク・サックスに挑戦!! 今回の講師:海野あゆみ

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ラヴァー・マン」 Lover Man(as & ts)/編曲&演奏:青柳誠 
○「オリビアを聴きながら」杏里(ss)/演奏:伊勢賢治 
○「ビリーズ・バウンス」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「接吻」Original Love(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第3番 BWV 774」(ts,as)/演奏&編曲:Tenor Talk(門田”JAW”晃介&石川周之介/ts)、演奏:副田整歩(as)

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k