サックス好きのための専門誌Saxworld

テナー・サックス

Selmer Paris Axos Tenor

様々なパーツを本モデル専用に新設計
素直な反応と豊かなサウンドが魅力

 やっと対面することができたアクソスのテナー。元来フラグシップのラインナップのみのセルマー・パリ社がフラグシップよりひとつ下の位置付けとしてリリースしたのがこのアクソスで、先行してアルトが発売されていましたが、待望のテナーが登場しました。

 ネック・ソケットの軽量化や専用メタル・レゾネーターの採用などAXOSテナー用に独自の設計が施され、彫刻やラッカーについてもこの楽器専用のものが採用されているとのこと。

 フラグシップ・モデルではありませんが、見れば見るほどしっかりと作られています。特に軽量化されたネック・ソケットは音の反応がダイレクトで、反応の速さを大事にするジャズ・ポピュラー系のプレイヤーが好む特性だと感じました。このままレコーディングやツアーの仕事に持って行ける、そんな気持ちにさせてくれます。

 キィ・レイアウトは違和感なく手に馴染み、フィンガリングはとてもナチュラル。

 楽器自体の重量と吹奏感は共にライトでビンテージ楽器的ですが、現代の楽器らしく低音からフラジオまで非常にコントロールが楽、そして音程も良く、自分が狙った音色変化にもしっかり追従してくれる点も好ましいです。

 シリーズⅡやⅢ、リファレンスと比べると格下のイメージを持ってしまいますが、素晴らしい楽器だと思います。是非お試しください。


軽量ネック・ソケット

吹きやすさを重視しアクソス専用に開発された軽量ネック・ソケット。譜ばさみ(ライヤー)装着部は管体にはんだ付けされている

メタル製レゾネーター

新たに開発されたメタル製レゾネーターは、アクソス・テナーのためにサイズが再考された

手彫りの彫刻

彫刻はアクソス・テナー用に新規デザインを採用。仕上げもゴールド・ラッカーを本モデル用に開発。その温かな色味は往年の名器を彷彿させる

 

(撮影:土居政則)

583,000円(税込)

(問)野中貿易 www.nonaka.com/inquiry/

■SPECIFICATIONS 
●材質:真鍮
●仕上げ:ゴールド・ラッカー
●彫刻:アクソス限定デザイン
●その他の仕様:メタル製レゾネーター付きレザー・パッド、樹脂製サム・フック、ライヤー装着部を管体にはんだ付け、アクソス限定“S”ネック・オクターブ・キィ
●付属品:専用ケース、マウスピース(S80 C*)、リガチャー、キャップ、など

■試奏環境 
●マウスピース:オットー・リンク・メタル7
●リガチャー:オットー・リンク
●リード:ダダリオ・ラ・ボーズ・ミディアム


Selmer Paris Axos Tenor 試奏動画

試奏者  副田整歩

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにサックス全種とフルート、クラリネット、ピアノなどを演奏するマルチ奏者としても活動。お経とジャズのユニットNam Jazz Experiment主宰。スタジオ・ワークのほか中塚武、コトリンゴ、YUKIのサポート・ミュージシャンとしても活動している。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」「Mind Travel」配信中。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2022年3月14日発売

サックス・ワールドVol.24

◎表紙&巻頭特集:米澤美玖 バラード上達術
◎ジャズの巨匠:ベニー・カーター
◎超絶サックス・コンテスト2022(アルト編)開催!!
    勝田一樹、宮崎隆睦、伊勢賢治による課題曲「Burn Out」模範演奏3バージョンを付属CDに収録!
◎新連載:日本のジャズ、日本のサックス   日本初のサックス:タナベ&ニッカン

■インスト特集
◎サックス解体新書 マウスピース・パッチを徹底解剖!!
続・リガチャー最前線

■連載
◎古畑奈和(SKE48)の輝け! サクソフォン次世代エースへの道
    インストゥルメンタル・ロックに挑戦!! 今回の講師:中村有里

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○  「カムカムエヴリバディのテーマ」金子隆博 /演奏:伊勢賢治
○「ヤードバード組曲」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏:山田拓児&西口明宏
○「朝日のごとくさわやかに」チャーリー・パーカー(as/ts)/演奏&編曲:青柳 誠
○「ニューヨーク・ニューヨーク」(ss, as, ts1, ts2, bs)/演奏&編曲:SAX CATS
○「バッハ 15インベンション 第5番 BWV 776(as/ts)」/演奏&編曲:門田”JAW”晃介

 
SAX CATS
SAX WORLD SHOP
ZOOM Q4n-4k