サックス好きのための専門誌Saxworld

テナー・サックス

Yanagisawa T-WO20

ブロンズ・ブラスならではのややダークで太く まとまりのあるサウンド・キャラクター

 すでに定番となっているヤナギサワの最新WOシリーズ。今回はブロンズ・ブラスのテナー、T-WO20を試奏しました。

 ヤナギサワはどのモデルでも共通してますが、こちらも高精度に美しく仕上げられています。管体は赤っぽく銅の含有量が多いことを主張しています。

 手に馴染むキィ・レイアウトは素晴らしく、速いパッセージも無理なく演奏が可能。

 吹奏感はブロンズらしくやや重厚で、ピアニシモからフォルテシモまで吹きこんだ分だけ息を無駄なく音に変えてくれる懐の深さがあります。

 音色はややダークで太く、真鍮のモデルより落ち着いた印象。音量によって音色も変化しますが、フォルテシモで倍音を含んで明るくなるというよりは、太くダークなまま音量が大きくなる感覚で、良い意味で音色が一貫しています。

 音程は非常にナチュラルで特に狙わなくても心地良いところにはまります。

 ブロンズの程よい抵抗感により、最低音からフラジオまでストレスなく演奏可能。

 まとまりのあるサウンド・キャラクターなので吹奏楽やクラシックでも大活躍するでしょう。もちろんジャズ/ポピュラーでも良き相棒になってくれること間違いなし。ぜひお試しください。


ブロンズ・ブロス製のヘビー・モデル

ブロンズ・ブラス製にラッカーを施した管体は赤みがかった仕上がり。適度な抵抗感とまとまりが特徴のヘビー仕様モデル

ダブル・アーム・キィで耐久性を向上

ダブル・アーム・キィを採用。2本のアームで力を伝えることで、カップのねじれや歪みを防止。耐久性の向上にも貢献

テーブル・キィにシーソー機構を採用

テーブル・キィにヤナギサワ独自のシステムとなるC#-B間のシーソー機構を採用。滑らかな連動を可能にした

(撮影:田坂圭)

540,000円(税別)

(問)発売元:プリマ楽器 TEL:03-3866-2215/03-3866-221

■SPECIFICATIONS ●管体:ブロンズ・ブラス●塗装:クリア・ラッカー仕上げ●彫刻:あり●タイプ:ヘビー●その他: High F# キィ付(High F# キィ・レス特注:標準価格+50,000円)●付属品:ケース、マウスピース(エボナイト #4)

■試奏環境 ●マウスピース:ノルベルト・メタル7●リード:ダダリオ ラ・ヴォーズ(ミディアム)、リガチャー:ロブナー・ライト


Yanagisawa T-WO20 試奏動画

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2020年3月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.16

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:デイヴィッド・サンボーン
○ジャズの巨匠:ジョー・ヘンダーソン
○インタビュー:キャンディ・ダルファー

■インスト特集
○ハイ・バッフル・マウスピース大研究!!
  ・達人によるハイ・バッフル・マウスピース攻略術
      ■宮崎隆睦
   ■勝田一樹(DIMENSION)
      ※マウスピース・コレクション紹介
  ・ハイ・バッフル・マウスピース全70モデルを試奏レポート!

■誌上セミナー
○新連載:Official髭男dism/楢﨑 誠 × アンディ・ウルフ 吹奏楽出身者のためのジャズ&ポップス・サックス奏法入門
○3サックスのアンサンブルに挑戦! sax triplets × 古畑奈和(SKE48)

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「ダニー・ボーイ」 
 アレンジ&演奏:青柳誠 
○ 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」 スティング 
 演奏:伊勢賢治 
○「ミスターP.C.」ジョン・コルトレーン
 演奏:山田拓児&西口明宏
○「サックス・ア・ゴー・ゴー」キャンディ・ダルファー
 演奏:sax triplets 編曲:小池修


ZOOM Q4n-4k
SAX WORLD SHOP