サックス好きのための専門誌Saxworld

テナー・サックス

Wood Stone New Vintage Eric Alexander Model

ジャズ黄金期のサウンドを思わせる重みを増したダークな音色

 日本が世界に誇る老舗管楽器店、石森管楽器によるオリジナル・ブランドであるウッドストーン。同ブランドのテナー・サックスは国内外の多くのプロに使用されていますが、この度エリック・アレキサンダーのオリジナル・モデルが発売されました。表面塗装のないアンラッカーの楽器なのでかなりライトな吹奏感と軽やかな音を期待していましたが、ところがどっこい適度な手応えでかなりズッシリとダークに鳴ります。 

 これは従来のモデルに比べてウェイトを増したという管体デザインが効いているのでしょう。しかも“ジャズ・テナーの音ってこうだよね!”という、いわゆるみんなが知ってるテナー・サウンドを自然と出してくれます。これは嬉しいポイント! また真鍮/アンラッカーならではの鳴りの良さを持った管体は、ウッドストーン・ブランドの人気アクセサリーでもあるスクリューやサムフック、サムレストが装備されることで音がフォーカスされています。これよってマイク乗りが良くなるだけでなく、太く聴かせるローの成分から倍音を多く含んだ豊かな音が集音されます。

 だれもが憧れるオールド楽器は良い状態のものが少なくなっていますし、あったとしてもかなり高価になっていますが、この楽器はそれに代わる最良の選択肢の一つと言えると思います。オールド楽器を探している皆様は、是非吹いてみてください。そしてハンディ・レコーダーなどで録音してみてください。ジャズ黄金期のテナー・サウンドに驚かれると思いますよ。


woodstone01

エリック氏のサイン・プレート付き

エリック・アレキサンダー・モデルの仕様は新設計のHモデルをさらに特殊加工し、まとまりのある音と音程の安定を図り、ネックジョイント・スクリュー、ライアー・スクリューは銀の合金を使用

woodstone02

キィ・ガードにもエリック氏のサイン

キィ・ガードにはエリック氏のサインが彫りこまれている。ウッドストーン独自設計の接着面を極力抑えたサムフックも標準装備。音量調整、音色変化などをしやすくして表現の幅を広げている

woodstone03

吹きやすいアンティーク・フィニッシュ

何の塗装も施していないことで、吹き始めた瞬間からストレス・フリーな吹奏感を実現。現代楽器の性能とビンテージ楽器の音色を併せ持つ即戦力と楽器となっている

woodstone_body

498,000円

(問)石森管楽器 TEL 03-3360-4970

■SPECIFICATIONS●管体&キィ:ブラス、アンティーク・フィニッシュ(ノーラッカー)仕上げ● High F♯キィなし、フロントFキィ付●その他の仕様:ワンピース・ネック・ボディ・ベル(一枚取り)●付属品:マルコ・マギ・ツアー・ケース または GLケース、ウッドストーン:シルキー・スワブ/ ボディ・スワブ /マイクロファイバー・クロス /スムースパッド
■試奏環境 マウスピース:Yanagisawa Metal 8、リード:Vandoren緑JAVA3、リガチャー:Selmerテナーメタル用


Wood Stone  New Vintage Eric Alexander Model試奏動画
この動画はZOOM Q4nで撮影されています。

試奏者  副田整歩

atom_port03_soeda

クラシックとジャズの素養を併せ持つサックス奏者。アルト・サックスをメインにマルチ・リード奏者としても活動。アーティストのライブやレコーディングに携わるほか、多くのビッグバンドでリード・アルトを担当。デリカテッセンレコーディングスよりシングル「Sign」を配信中。ATOM SAXOPHONE QUARTETのメンバーとして1stアルバム『atmosphere』をリリース。作編曲家としても高い評価を得る。


LATEST ISSUE

2018年9月11日発売

サックス・ファンの向上心、好奇心を刺激する

本格派サックス専門誌
サックス・ワールドVol.10

■アーティスト特集
○表紙&巻頭特集:T-SQUAREデビュー40周年特集 featuring 伊東たけし&安藤正容
○ジャズの巨匠:スタン・ゲッツ
○スペシャル・インタビュー:メイシオ・パーカー

■インスト特集
○サックス工房訪問 ウッドストーン(演奏/宮崎隆睦)
○ビンテージ・サックス・ミュージアム ビュッフェ・クランポン(後編)

■スペシャル・セミナー
○ヴィンセント・ハーリング サックス演奏力向上術
○バリサク奏者座談会(栃尾克樹/白坂勉/山中ヒデ之)/ヤナギサワWOバリトン・サックス クロス・レビュー
○新連載 ユッコ・ミラーが伝授! エアロフォン実践活用講座

■付属CD&スコア連動企画(模範演奏&カラオケ音源)
○「オール・ザ・シングス・ユー・アー」 アレンジ&演奏:青柳誠 
○「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵 演奏:伊勢賢治 
○「クール・ストラッティン」演奏:山田拓児&西口明宏
○「LOVE LOVE LOVE」 DREAMS COME TRUE 演奏:sax triplets(寺地美穂/堀江有希子/河村 緑)編曲:小池修